2020 / 01 / 29 水曜日
ホーム タグ ファンケル

タグ: ファンケル

オーダーサプリを通販で展開 ユーザーごとに最適な栄養素を補給 ファンケル

ファンケルは2月20日、一人ひとりの健康状態に応じた1パックのオーダーメードサプリメント「パーソナルワン」を通信販売で発売する。「パーソナルワン」は食習慣のアンケートと尿検査から購入者の健康状態を分析し、最適なサプリを提供するというサービス。健康意識の高い50代から60代の男女をメーンターゲットに展開する。

スティック飲料商戦本格化 首位のAGFが価値伝達加速

11月の需要期に突入し、スティック飲料の店頭展開とマーケティング活動が本格化している。コーヒー、紅茶などのスティック製品は、少人数世帯の増加に伴うパーソナル需要の高まりに対応して市場規模を拡大。18年で300億円強にのぼり、今年4-8月では金額ベースで一ケタ後半、杯数ベースで二ケタ伸長したとみられる。

嗜好飲料 価値増強の新商品が続々 日常・健康・くつろぎなど多様ニーズに対応

コーヒー・紅茶・ココアの嗜好品大手メーカーの秋冬向け新商品がほぼ出揃い、新商品の多くがスティックカテゴリーで占められていることが判明した。通販を除くスティック市場は300億円強と推定され、簡便・パーソナルニーズに対応して近年拡大傾向にある。

3つの切り口でスティック飲料強化 ファンケルと共同開発の健康系など ネスレ日本

ネスレ日本は秋冬、スタンダード・プレミアム・ウェルネスの3つのアプローチでバラエティミックス(スティック)市場に挑む。スタンダードでは、ノンコーヒータイプの「ネスレ香るまろやか」4品(ミルクティー、ミルクココア、抹茶ラテ、ほうじ茶ラテ)のパッケージを刷新し、9月頃から自然切り替えで発売していく。

キリンHDとファンケルが資本業務提携 ブランド力と技術生かし「健康」で協働へ

キリンホールディングスとファンケルは6日、資本業務提携を締結した。健康に関する社会課題の解決を通じて成長を目指すキリンの考えと、健康寿命の延伸に取り組むことで成長を目指すファンケルの考え方が一致したことが背景。

エム・シー・フーズ 付加価値商品の開発で脚光 顧客の声に耳傾け最適提案

エム・シー・フーズは、2018年度業績が増収増益、従来の“販売会社”から“商社”への移行がスムーズに進み、小売業に近い三菱食品の下、新たな成長戦略として生活者の顔の見える家庭用(BtoC)に注力し、付加価値タイプの飲料・スイーツの開発企業として、メーカー・小売業の間で存在感を高めている。

宅配問題解決に挑むネスレ日本 佐川急便と新サービス開始

ネスレ日本は、高騰する物流費の抜本的な解消に挑み、約90万人の利用者を擁するEC・定期便サービスを拡大させる。共働き世帯と単身世帯の増加よって家庭で過ごす時間や家族団欒の時間が減り家庭内消費が縮小傾向にある。

ダイドー&ファンケル「大人のカロリミット」共同開発第2弾

ダイドードリンコは23日、9月18日に発売するファンケルとの共同開発商品第2弾となる機能性表示食品「大人のカロリミット 玉露仕立て緑茶プラス」の新商品発表会を行った。昨年11月に発売した「大人のカロリミット はと麦ブレンド茶」は発売8か月で2千万本を突破するヒット商品となっており、
- Advertisement -

ロングランアクセス