21.6 C
Tokyo
16.8 C
Osaka
2021 / 10 / 20 水曜日

フリーオンラインについて

ご登録いただきますとサイト掲載記事をすべて閲覧でき、会員向けオリジナルコンテンツや食品業界ニュースも受け取れます。登録ご希望の方は下記「新規登録」ボタンをクリックしてください。

市況

ひと言

料理人の娘 にしくらみお ベジミンチ
(WEB版オリジナルコンテンツ)

最新記事
Latest

【PR】米国産食品の調達を強力サポート 現地サプライヤーとの商談イベントも

米国の中西部・北東部エリアの食品・農産物の輸出促進を手がける米国中西部・北東部食品輸出協会(フード・エクスポート)。23の州政府農業販売促進機関によって構成される非営利団体だ。米国の食品に関心を持つ日本のバイヤーに向けて、

みそ原料高騰に危機感 安定経営維持に懸念も 全味工連が会員へ情報発信

みそ市場が需要減少に見舞われる中、みその主原料である大豆は昨年後半から輸入大豆・国産大豆を問わず需給が非常にタイトな状況となり、価格が大幅に高騰している。このような中、全国味噌工業協同組合連合会は製造コストの大幅上昇について執行部として共通認識し、

ヤクルトの即席麺「麺許皆伝」好調 初のご当地商品「富山ブラック」も

「麺許皆伝」は、乳製品乳酸菌飲料トップブランド「ヤクルト」で知られるヤクルト本社が宅配ヤクルトレディチャネル(YL)専用で展開する即席袋麺だ。YLチャネル専用での取り扱いということもあり、店頭で目にする機会はほとんどないものと思われるが、

おいしく食べてロス削減「もったい鍋」 ミツカン×京都市が今年も提案

ミツカングループと京都市は、おいしく食べて食品ロス削減にも貢献できる鍋として、冷蔵庫に余りがちな食材や野菜の皮や芯まで活用した「もったい鍋」の提案を開始した。「もったい鍋」の提案は2年目に突入した。

日清オイリオ「鮮度のオイルシリーズ」“オイル愛”あふれる新CM 二宮和也、西畑大吾に城島茂も合流!

日清オイリオグループは、「鮮度のオイルシリーズ」の新CMを21日から全国で放映開始する。これまでCMキャラクターを務めてきた二宮和也さんと西畑大吾さん(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)に加え、新たに城島茂さんが登場。

「食材救出大作戦」 食品ロス削減へエスビー食品が特設サイト

エスビー食品は、10月の食品ロス削減月間に合わせ、スパイスやハーブ、調味料を上手に使って食品ロス削減を目指す特設サイト「食材救出大作戦」を公開した。「食材をおいしく救出」をコンセプトに、ちょっとした工夫で食材を捨てずにおいしく食べられる方法を紹介する。

IoTで最先端の買い物体験を 名古屋に「スマートストア」 トライアルカンパニーが東海初開業

トライアルカンパニー(福岡市、石橋亮太社長)は13日、東海地方初のスマートストアとして「スーパーセンタートライアル名古屋茶屋店」をオープンした。スマートストアは、同社が独自に開発したIoT技術を活用した店舗形態。

頭上からコーヒーの香りがふりそそぐ 「ネスカフェ ゴールドブレンド 香り体感カフェ」期間限定オープン

ネスレ日本がネスカフェ原宿(東京都渋谷区)で13日から24日までオープンしている「ネスカフェ ゴールドブレンド 香り体験カフェ」には、コーヒーの香りがふりそそがれて全身で浴びることができる「ダバダ特別席」が店内中央に設けられている。

ラベルレスボトルが好調 マルチパックなどまとめ買い需要喚起 EC以外でも購入広がる アサヒ飲料

アサヒ飲料のラベルレスボトル商品の1-9月販売数量が前年同期比2倍強の317万ケースとなった。年初販売計画の300万ケースを前倒しで突破したことから、年間販売目標を400万ケースに上方修正した。無糖飲料のラベルレス商品への支持が広がっているほか、

コーヒードリッパーで世界に雄飛 創業100周年のHARIO 麦茶用水筒やティーメーカーも大ヒット 次なる一手は?

10月30日に創業100周年を迎えるHARIO(ハリオ)社。1921年、東京・神田須田町に初代社長の柴田弘(ひろむ)氏によって柴田弘製作所が創業され、理化学用ガラスの製造販売を開始したことから始まった。理化学用ガラスとは、

食品輸出実務と実践塾⑧ Eラーニング開始に向けて 国の支援を補完する食品輸出実務と実践塾

農水省は食品輸出額を25年までに2兆円、30年までに5兆円という目標を掲げている。昨年4月から「農林水産物・食品輸出本部」を設置、政府が一体となって事業者の支援を行っている。国の食品輸出支援は充実してきているが、実務的な視点が抜け落ち、支援が手薄な分野も存在する。

コーヒー高騰が深刻化 広がる余波 相場を通さないスペシャルティコーヒーにも影響 戦略の見直し迫られる丸山珈琲

世界最大のコーヒー生産国ブラジルの大幅な減産予測と米国・欧州の経済活動再開に伴うコーヒー消費量の増加によるコーヒー生豆国際相場の高騰が、相場を通さず生産者とバイヤーが直接売買するスペシャルティコーヒーにも影響を与えている。

「揖保乃糸 上級品」156万箱を記録 秋冬需要と7月猛暑追い風に 兵庫県手延素麺協同組合 井上猛理事長

乾麺市場は昨年、家庭内調理の急増で消費が伸びたが、今年はその反動で前年割れが続く。そのなかで業界のメガブランド、手延べそうめん「揖保乃糸」は、主力商品「上級品300g」の20年9月~21年8月の組合出庫量が

業務用粉価 12月20日から値上げ 08年以来の上げ幅

日清製粉、ニップン、昭和産業、日東富士製粉は、12月20日納品分から業務用小麦粉価格を値上げする。輸入小麦の政府売渡価格が10月1日から5銘柄平均で19.0%引き上げられたことに伴ったもので、2008年4月の改定に次ぐ値上げ幅となった。

「#外食はチカラになる」 28社がプロジェクト発足 特典提供で来店を後押し

外食企業や決済、ポイントサービス企業などが参加する外食業界横断プロジェクト「#外食はチカラになる」が発足し14日、都内で記者発表が開催された。吉野家ホールディングスの呼びかけで、「串カツ田中」「鳥貴族」「ロイヤルホスト」など外食企業のほか、

進化する代替肉「ゼロミート」 卵不使用で動物性原料もゼロに 研究重ね「おいしい食感」実現 大塚食品

大塚食品は代替肉を進化させた。大豆ミートでつくったお肉不使用の市販用「ゼロミート」4品を動物性原料不使用の製品へと刷新し10月から順次出荷している。「これまでは『おいしい食感』を再現するための原料として卵を使用していたが、

特集記事(見出しのみ)

食品商談WEEK JFEX2021

トップニュース

特選動画集

気になるニュースまとめ(無料会員向けコンテンツ)

流通・卸

飲料

酒類

塩・砂糖・調味料・味噌

乾物・乾麺・漬物

即席麺・即席食品

健康・機能性食品・ハチミツ

冷凍食品・中食・惣菜・チルド

油脂・製粉

乳製品・アイスクリーム

和日配・大豆製品

コーヒー・嗜好品(まとめ)

餅・米・生鮮・鶏卵・食肉

レトルト食品・缶詰・瓶詰

菓子

機械・資材

企業活動

行政(農水など官庁、法改正ニュース)

物流

人事

新商品情報

特集記事見出し

*見出しのみ本文はありません(特集記事はご購入可能です)

*見出しのみ本文はありません(特集記事はご購入可能です)

逆光線(コラム)