21.1 C
Tokyo
21.9 C
Osaka
2021 / 09 / 26 日曜日

フリーオンラインについて

ご登録いただきますとサイト掲載記事をすべて閲覧でき、会員向けオリジナルコンテンツや食品業界ニュースも受け取れます。登録ご希望の方は下記「新規登録」ボタンをクリックしてください。

市況

ひと言

料理人の娘⑧
(WEB版オリジナルコンテンツ)

最新記事
Latest

ペットボトルコーヒー 味わいや容器・サイズに変化 味覚は「薄」→「濃」へ

コーヒー飲料市場を牽引しているパーソナルタイプのペットボトル(PET)コーヒーで、味わいや容器・サイズで変化が見られる。コロナ禍による生活様式の変化を受けた動きで、今後も変化に対応した新たな提案が予想される。

多様性と創造性 2つの「ヱビス」提案 リアルとデジタルで訴求

サッポロビールのビールブランド「ヱビスビール」は、今年から二つの商品群で戦略を組み立てている。また、リアルとデジタルを融合させたコミュニケーションを強化し、生活スタイルの変化に即した活動を展開する。

ミニストップ 弁当・店内調理強化に手応え バリューMD拡大、冷食おつまみ充実へ

ミニストップは今下期も、「食事のデスティネーションストア」を目指した商品・売場のブラッシュアップを推し進める。コロナ禍を契機に生活者のライフスタイルや食に関する買い場、買い方が大きく変容したことを踏まえ、

トラックの積卸し自動化へ5社共同で実証 AI搭載フォークリフト活用、サプライチェーン効率化へ

トラックの積卸しの自動化技術の確立を目指す取り組みが始動する。大和ハウス・イオングローバルSCM・花王・日立物流・豊田自動織機の5社は、トラックの積卸しを自動化するため、AIを搭載した自動運転フォークリフトの実用化を目指すとともに、

マルエツ 新幹線直送便を拡大へ 早朝とれたて北海道産直品を都内で当日販売

マルエツは、JR東日本グループと国分グループとともに実施している「新幹線を活用した荷物輸送サービス」(新幹線直送便)の拡大を検討していく。マルエツは、JR東日本グループと国分グループとともに実施している「新幹線を活用した荷物輸送サービス」(新幹線直送便)の拡大を検討していく。JR東日本グループでは、列車の速達性や定時性といった強みを生かし列車を活用した荷物輸送サービスを拡大している。

リサイクルボックスはごみ箱じゃない! 啓発へ「進撃の巨人」とコラボ コカ・コーラボトラーズジャパン

コカ・コーラボトラーズジャパンは、日本財団「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」による大分県大分市における自動販売機専用空容器回収リサイクルボックス設置プロジェクトに参画している。

「サッポロ一番」CMにキスマイ 7人が7つの味アピール

7つの個性が勢ぞろい!全7フレーバーを取りそろえる即席麺「サッポロ一番」(サンヨー食品)の新CMに、人気グループKis-My-Ft2のメンバー7人が登場。16日から放映開始した。

旅行かばん型アソート品も 「凄麺」20周年 3大記念企画を実施 ヤマダイ

ヤマダイのノンフライカップ麺「凄麺」シリーズが今年10月29日、発売20周年を迎えるが、同社ではこれを記念して3大記念企画を実施する。一つ目が「凄麺」6種のアソート「凄麺 ご当地ラーメン 東日本編」「同 西日本編」(各税別1千320円)の発売。

ごはんにぴったりな「じっくりコトコト」 朝だけでなく昼も夜も コロナ禍で変わるスープの役割着目 ポッカサッポロ

ポッカサッポロフード&ビバレッジは、ごはんとの相性を考えて開発された「じっくりコトコト」ブランドの箱タイプスープ「カレークリームポタージュ」「白みそクリームポタージュ」を新発売した。

カゴメ 拡大する通販事業(中) 「農園応援」産地の困りごと解決 生産者と消費者の橋渡し

カゴメの通販「健康直送便」には、地方に眠る特色ある果実や野菜を届ける「農園応援」という取り組みがある。全国の生産者を訪ね、農産物を目利きし、青果や加工品を「いつ・だれが・どこで・どのように」という物語とともに顧客に提供。

ネスレ日本“青いラテ”を数量限定発売 おうちでのカフェ体験創出に挑む「ネスカフェ ドルチェ グスト」 最新マシンも訴求

ネスレ日本は「青いラテ」を数量限定発売する。16日、コーヒーメーカー「ネスカフェ ドルチェ グスト」専用カプセルの新商品「ブルーラテ」がネスレ通販オンラインショップなどのECで発売された。

「みんなでボトルリサイクルプロジェクト」実施 ユニリーバ・花王

ユニリーバ・ジャパンと花王は、プラスチックがごみにならない循環型社会に向けてヴェオリア・ジャパンの協力の下、東京都東大和市で「みんなでボトルリサイクルプロジェクト」を実施している。

「生茶 ほうじ煎茶」成功なのになぜ中味を変更するのか? あまみと香りをより一層引き立たせる新製法を採用して刷新 キリンビバレッジ

キリンビバレッジは、「生茶 ほうじ煎茶」で新製法を採用して中味を変更し14日に新発売した。同商品は、まる搾り生茶葉抽出物を使用し、茶葉の焙煎にも工夫を施して「しっかり濃いのに、すっきり軽やかな」味わいを謳ったほうじ茶飲料。

「ホッピー」お酒を割らない直飲みにも広がり 低カロリー・低糖質・プリン体ゼロの健康価値とビアテイストが強み 炭酸水よりも高い嗜好性に商機

健康志向の高まりを受けて焼酎割り飲料として知られる「ホッピー」。割り材需要とともに、焼酎を割らずにそのままグラスやジョッキにホッピーを注いで飲む「ジャストスタイル」が広がりを見せている。

500㎖ペットボトルコーヒーは新規獲得が頭打ち コカ・コーラ「ジョージア」と「コスタコーヒー」で新戦略

日本コカ・コーラの成岡誠マーケティング本部コーヒー事業部ディレクターは9月10日取材に応じ、500㎖ペットボトル(PET)コーヒー市場について「コーヒー飲料(RTD)を飲まない新しいユーザーを取り込むことに成功して近年のコーヒー飲料市場の成長を支えてきたが、

特集記事(見出しのみ)

トップニュース

特選動画集

気になるニュースまとめ(無料会員向けコンテンツ)

流通・卸

飲料

酒類

塩・砂糖・調味料・味噌

乾物・乾麺・漬物

即席麺・即席食品

健康・機能性食品・ハチミツ

冷凍食品・中食・惣菜・チルド

油脂・製粉

乳製品・アイスクリーム

和日配・大豆製品

コーヒー・嗜好品(まとめ)

餅・米・生鮮・鶏卵・食肉

レトルト食品・缶詰・瓶詰

菓子

機械・資材

企業活動

行政(農水など官庁、法改正ニュース)

物流

人事

新商品情報

特集記事見出し

*見出しのみ本文はありません(特集記事はご購入可能です)

*見出しのみ本文はありません(特集記事はご購入可能です)

逆光線(コラム)