「品質管理サービス」をオンライン化 クラウドサービス提供開始

アプリによるデジタル管理のイメージ(トーホービジネスサービスWEBサイトより)(Easy Filers)
アプリによるデジタル管理のイメージ(トーホービジネスサービスWEBサイトより)(Easy Filers)

トーホーグループのトーホービジネスサービスは、既存の「品質管理サービス」の機能を強化し、食品安全マネジメントシステムに関する規格の取得や維持に必要な要求事項や記録を、クラウド上で作成・管理・共有を可能とするクラウドサービス「Easy Filers」の提供を開始した。

同サービスはクラウド上の運営により、紙資源の削減による環境負荷の抑制とコスト削減を実現し、クラウド上で関係者が情報共有することで、同社のコンサルタントが進捗管理や文書管理チャットなど各種ツールを駆使して、各規格の要求事項作成を遠隔サポートできるため、コロナ禍におけるニューノーマルにも対応している。

同社は、日本発の食品安全の国際規格「JFS規格」の監査会社に承認されており、21年7月現在で13社のコンサルティングを手掛けている。