社員に「飲食店利用して」 アサヒビールが年末に3万円支給 外食活性化へ大盤振る舞い

日頃お世話になっている飲食店をもっと利用して――。アサヒビールでは、在籍社員約3,200人を対象に1人当たり3万円を「外食支援金」として支給する。12月の給与振り込みと同時に支給予定で、総額約1億円。社員への還元とともに、飲食店の利用を推奨することで外食産業の活性化を図る。

コロナ禍で売上が落ち込んだ飲食店向けのビールの瓶・樽容器は、経済活動の回復から1-10月累計の販売数量が前年同期比約5割増と回復傾向にある。

同社の塩澤賢一社長は「ビールメーカーとして、コロナ禍で苦境におかれながらも当社を支えていただいた飲食店の皆様に、これまで取り組んできた営業活動とは別の形で貢献し、微力でも外食産業の活性化につながればと考えている。同じく、苦境下でビール事業を支え続けた社員や家族の頑張りに報いる手段として『外食支援金』という形で支給させていただくこととした」とコメントしている。