マクドナルド 7月売上高22%増 コロナ前上回る

日本マクドナルドの7月度全店売上高は前年同月比22.1%増となった。既存店売上高は21%増、客数12.3%増、客単価7.7%増。19年比でも全店1.4%増、既存店1%増とコロナ前の実績を上回った。

同社では「安全・安心を優先しお客様の利便性を考えた店舗運営やドライブスルー、デリバリー、デジタル施策、 バリュープログラムの継続など、お客様とのつながりを強化するマーケティング活動により、ベースセールスが着実に上昇している」としている。