在宅時間増え堅調の自家需要ギフト強化 「ちょっと贅沢な珈琲店」100杯入りなど 味の素AGF

味の素AGF社は「ちょっと贅沢な珈琲店」のドリップパック100袋やスティックコーヒー100袋などを大量に詰め合わせた大容量の自家需要ギフトを強化している。

5月20日に発表した瀧川直美リテールビジネス部マーケティング第3グループ長は、自家需要ギフト市場について「巣ごもり需要と在宅時間の増加で、ご自宅用のギフト需要が倍増している。ギフトだけの贅沢な味わいをご家庭でたっぷり楽しみたいというニーズがコロナ禍で一気に拡大している」と語る。この動向を受け、同社は各カテゴリーから自家需要ギフトとして大容量タイプを発売。

コーヒーからは前述の「ちょっと贅沢な珈琲店」に加えて、ブラジルの№2グレード豆を51%使用した「ブレンディ ボトルコーヒー ブラジル・ブレンド 無糖」(900㎖PET)を3千円でケース(12本入)販売している。

「ちょっと贅沢な珈琲店」のドリップパック100袋は、既存品で好調に推移している「スペシャル・ブレンド」(3千円)に加えて「モカ・ブレンド」(同)を新発売。

2品とも利便性を兼ね備えた簡易包装が特徴で「保管したまま1袋ずつ取り出しやすい開封口にすることで、家庭内ストックでの使い勝手も合わせて訴求している」という。

「ちょっと贅沢な珈琲店」のスティックコーヒー100袋もフタ部分がPOPになる化粧箱を開発し、商品理解を促進し自宅で保管しやすいように仕立てている。

スティックでは、国産六条大麦を使用し、さらりとしたのど越しとすっきりした後味が特徴のノンカフェインむぎ茶「新茶人 スティック むぎ茶」(100袋)を2千円で発売している。

味の素ブランドギフトからは、贈答用の味噌汁ギフトが好評を博していることを受け、「具たっぷり味噌汁 ごろごろなす」10袋と「具たっぷり味噌汁 どっさりほうれん草」10袋を詰め合わせた「具たっぷり味噌汁」(20食入)を5千円で発売している。