eスポーツ向けドリンク「e3」 ときど×豪鬼コラボ缶 世界最強コンビをデザイン 大塚食品

大塚食品は、eスポーツ生まれの新カテゴリードリンクとしてBRAIN SPORTS DRINK「e3 240㎖缶」を昨年9月からECで先行発売し、今年4月から全国で全チャネルへ拡大したが、6月下旬から「ときど×豪鬼コラボデザイン缶」(240㎖とクラスターパック)を順次発売する。

「e3」は、ハイレベルな頭脳戦を繰り広げるeスポーツプレーヤーと共同開発した「速攻と持続」が特徴の新カテゴリードリンク。カフェインに加え、速攻と持続のエネルギー源であるブドウ糖とパラチノースの2種類の糖の甘みに炭酸をきかせ、フルーティーで程よい苦みがあり、ゲームをするシーンに最適な味わい。

昨年から東大卒のプロeスポーツプレーヤーの「ときど」選手とスポンサー契約を結び、今回のコラボ缶は、ときど選手と最強クラスのキャラクターの「豪鬼」をデザインした。

メーンキャラクターであるときど選手は、カプコンのeスポーツタイトル、ストリートファイターシリーズの国内外のタイトルを数多く獲得してきた日本を代表するプロeスポーツプレーヤー。東京大学を卒業しながらeスポーツが黎明期だった時代にプロeスポーツプレーヤーの道を選んだ異色の経歴の持ち主。

また豪鬼は、ストリートファイターシリーズの中では最強クラスのキャラクターとして有名で、ときど選手と豪鬼は数々の戦いをともにしてきており、いわば分身のような存在となる。

コラボ缶は、ときど選手と豪鬼がデザインされ、世界一の大会を制した最強の2人をモチーフにしており、勝負にこだわるプレーヤーを支える飲料として訴求。eスポーツをはじめ、あらゆる頭脳戦を制するために2人がサポートする。

同社は19日、オンライン発表会を開催した。この中で寺田誠司消費者商品事業部製品部飲料担当部長は「通常のスポーツ向けにはスポーツドリンクがあるが、ブレーンスポーツにもそれに見合った商品があってもいいと思い、昨年から発売した。飲料は成熟市場の中で新たなカテゴリーは非常に難しいが、あえてここにチャレンジした。コラボ缶は、最強頭脳のときど選手と最強の拳の豪鬼、それにe3の三つの力で需要を開拓し、営業部隊も商品コンセプトである“速攻と持続”で商品を広める」。

「e3」クラスターパック(ときど×豪鬼コラボデザイン缶)
「e3」クラスターパック(ときど×豪鬼コラボデザイン缶)

また、ゲストとして登場したときど選手は「コラボ商品は豪鬼だけではなく、私もデザインされ、改めて商品を見てびっくりすると同時に、豪鬼と並んでデザインされて光栄だ。とにかくごくごく飲めて飲みやすいのが第一印象だ。大塚食品さんには毎回、大会ではe3Tシャツ軍団を含めて応援してもらい、いいプレーに火がついている」と語った。

また、カプコンの綾野智章eスポーツプロデューサーは「豪鬼は、ゲーム史に残る最強のキャラクターだ」とし、プロeスポーツプレーヤーのマネジメントを行っているTOPANGAの豊田風佑社長は「ときど選手はまじめで意志が強く、e3にはぴったりだと思う」など印象を語った。

© Otsuka Foods Co., Ltd. All Rights Reserved.
© CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.