外食のテイクアウト、5月は6割近くが利用 平均単価は夕食1708円、昼食1054円 ホットペッパー調査

外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は2020年5月の飲食店からのテイクアウトの利用実態について消費者アンケートを行い、このほど結果を発表した。回収数は1万344件、有効回答数は1万136件、首都圏、関西圏、東海圏に住む20~69歳の男女。ポイントは次の通り。

■2020年5月に飲食店からのテイクアウトを利用した人は58.1%。利用業態最多は「ファストフード」(24.8%)

2020年5月に飲食店からテイクアウトを行った人は合計58.1%と過半数。業態別では「ファストフード」24.8%、「牛丼、カレー等、一品もの専売業態」16.0%、「和食料理店」で12.6%等。

■テイクアウト利用が多いのは「自宅」で「夕食」に「家族.親族」で。利用動機は「安全」「作るのは手間」「定期的に食べたいメニュー」

テイクアウトした食事は、食事の種類「夕食」69.5%、相手「家族.親族(19歳以上のみ)」28.4%、場所「自宅」95.8%。利用の動機は「自分や家族が安全」45.9%、「家で作るのは手間」45.2%、「定期的に食べたくなるメニュー」が41.2%。女性は多くの項目でこだわりが強い。今後の利用動機は「家で作るのは手間」35.7%、「自分では調理しにくい・できないメニュー」35.1%。

■テイクアウト単価、「夕食」平均1千708円、「昼食」同1千54円

テイクアウトの単価(1人1食分当たり)、平均額が最も高かったのが「夕食」で平均1千708円、次いで、「昼食」が平均1千54円、「夜食」が平均971円等。60代男女は単価が高くなる傾向。「夕食」では60代女性が平均2千107円、「昼食」では60代男性が平均1千227円と最も単価が高かった。