2020 / 02 / 26 水曜日
ホーム タグ 全粒粉

タグ: 全粒粉

冷し中華はじめました 即席麺にもシーズン到来 話題のフレーバー登場

ノンフライ即席袋麺に冷し中華のシーズンが訪れようとしている。今シーズンは定番+新フレーバーで新規需要の開拓を目指す狙いだ。日清食品の「日清ラ王 冷し中華」は定番「醤油だれ 5食パック」と新フレーバー「柚子しおだれ 5食パック」(各税別525円)というラインアップ。

「ヘルシー食」でも茹でるのは面倒?

今年もそうめん・ひやむぎの季節がやってくる。弊社調査によると、18年の乾麺売上げが前年並み以上となったメーカーは7割強。昨年の猛暑が乾麺の売れ行きに好影響を与えたようだ。

日清食品 カップ麺の新提案 大阪にオーダーメイド型店舗 選べるおいしさ2千145通り

今年は世界初の即席麺「チキンラーメン」の生誕60周年。1日からは「チキンラーメン」を発明した安藤百福氏(日清食品創業者)の妻・仁子(まさこ)さんをヒロインのモデルにしたNHK連続テレビ小説「まんぷく」の放映が開始されたが、日清食品は3日、阪急うめだ本店の地下1階食品売場にオーダーメイド型直営店「MOMOFUKU NOODLE(モモフク・ヌードル)」をオープンする。

寿がきや食品 コラボカップ麺新作2品 「鬼そば藤谷」と「らぁ麺紫陽花」

寿がきや食品は、CVSチャネルでメーン展開する人気ラーメン店監修カップ麺の新作2品を夏に向けて打ち出していく。既に9日から「鬼そば藤谷監修 赤い鬼塩ラーメン」(希望小売価格税別238円)を発売。続いて8月6日には「らぁ麺紫陽花 醤油らぁ麺」(同)を投入予定だ。

乾麺日和到来は

今年もそうめん、ひやむぎの季節がやってきた。3月下旬頃から気温が上昇し、一部地域では最高気温が30度近くに達する日もあった今年の春。量販店の売場展開も早く、久しぶりにスタートダッシュをかけられるかと思いきや、4月中旬以降、乾麺日和とは言い難い天候が続いている

乾麺にも健康志向 無塩、全粒粉、低糖質など

高齢化社会の進行により、多くの食品で健康を意識した商品が発売されているが、乾麺にも健康志向に対応した商品が増えている。「無塩」を筆頭に「全粒粉」「難消化性でんぷん」「グルテンフリー」などさまざまな切り口の健康系商品が登場。

乾麺も健康志向? 

今年もそうめん、ひやむぎの季節がやってきた。昨夏は天候不順で苦戦した地域もあったが、年間を通して見れば前年並み以上を達成した乾麺メーカーは多かった模様。ただ、若年層を中心に年々乾麺離れが進んでおり、新規ユーザー開拓が課題だ。
- Advertisement -

ロングランアクセス