「パパっと使える小さな油あげ」グランプリ受賞 太子食品工業

豆腐・揚げ物大手の太子食品工業はこのほど、同社の注力商品「パパッと使える小さな油あげ」が、日本フードアナリスト協会が主催する第63回ジャパン・フード・セレクションにおいて最高賞であるグランプリを受賞した。油揚げカテゴリーでは日本初のグランプリ受賞となった。

近年、内食需要の高まりにより油揚げの需要も伸びている。その中でユーザーから、「油抜きが手間」「使いたい分だけ使いたい」「油で手や包丁がべとべとになり、切るのが面倒」などの意見があった。

「パパッと使える小さな油あげ」は豆腐を揚げるのではなく、豆腐クリームをそのまま揚げる“きぬ練り製法”でおいしさを追求。油揚げを刻んだ刻み揚げではなく、袋からパラパラとそのまま使え、食べる時のサイズも考えた、断面がない一口サイズの油揚げだ。

審査では「豆腐クリームを使用し、大変画期的である。従来の油揚げとは一線を画す」「賞味期限が長く、かつ冷凍保存できる」「切らずに使いたい分だけ使える」「自然な味で、味に奥行きがあり上品な味わいである」など、機能性と味わいが委員から高く評価された。

今回の受賞について、同社の工藤茂雄社長は「発想を転換し、そのまま小さなサイズの豆腐クリームを揚げた。みそ汁や煮物にパパッと使えば、おいしさと使いやすさが分かる。今後も安心・安全・健康な商品作り、そして新しい商品創りをしていく」とコメントしている。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球