最適温度でコーヒー抽出「絶品珈琲」 メリタとドンキが共同開発

メリタジャパンはドン・キホーテプライベートブランド「情熱価格プラス」と共同開発した5杯用コーヒーメーカー「絶品珈琲DXM―CO5―BKGD」を、全国のドン・キホーテで5日から順次発売した。

これは一度に5杯分のコーヒーを淹れられ、メリタ独自の機能である「バイメタル抽出」を搭載しており、コーヒー豆が持っている味と香りを引き出す適温とされる90℃前後の湯だけでコーヒーを抽出する。価格は3千980円(税抜き)。最大容量700㎖のペーパードリップ式コーヒーメーカー。水路はあらかじめ温められており、適温でない湯を水槽に戻す仕組み。淹れ始めから終わりまで常に90℃前後の湯を使うため、ムラが少なくおいしいコーヒーになる。

フィルターは、メリタ独自の「1つ穴コーヒーフィルター」を採用。内側に刻まれたミゾと1つ穴の抽出口が湯の流れと抽出時間をコントロールし、おいしさを引き出す。メリタのロゴが入ったオリジナルマグカップも2個付属する。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日