2020 / 04 / 09 木曜日
ホーム タグ 漬物

タグ: 漬物

おかしな相互コラボ 岩下の新生姜とパインアメ

岩下食品は今月27日に「岩下の新生姜 パインアメ味」を、パインは9月3日に「岩下の新生姜のど飴」を発売する。相互コラボレーション商品の発売により、秋から冬にかけて需要が高まる生姜、のど飴の市場に新風を吹き込む。

原料不足続く沢庵 安定供給へ収穫負担軽減、価格適正化目指す

大根の一大産地である南九州では、17年度産の不作により沢庵の原料が不足している。台風、日照不足、霜など天候要因もさることながら、高齢化や転作など生産農家の減少が大きい。南九州の沢庵漬メーカーは収穫作業の負担軽減を図るとともに、原料と製品の価格適正化に取り組んでいる。

漬物業界がHACCP手引書作成 食品随一の完成度に

漬物の業界団体である全日本漬物協同組合連合会はこのほど、小規模事業者向け衛生管理の手引書「漬物製造におけるHACCPの考え方を取り入れた安全・安心なものづくり」を作成した。今後のHACCP制度化に向けて、小規模漬物事業者の衛生管理計画作成の負担を軽減し、すべての漬物製造事業者が実施可能なHACCPの考え方を盛り込んだ。

熱中症シーズンが到来 飲料、麦茶、塩飴、梅干…多様化する対策商品

熱中症シーズンが到来した。奄美地方では7日に梅雨入りを発表したが、これは平年より4日早く昨年より6日早い。全国的にも6月上旬から梅雨が本格化し、ジメジメ天気は7月中旬まで続く。さらに今年の夏は早い時期から暑さが厳しくなることが予想され、5月と7月の気温が平年より高いところが多く、特に7月は暑さの厳しい日が続きそうだ。

ピックルスコーポレーション ECサイト開設

ピックルスコーポレーションは23日、独自の乳酸菌Pne―12(ピーネ12)を活用した商品を展開するECサイト「ピーネオンラインショップ」と、原料と製法にこだわった漬物を展開するECサイト「八幡屋オンラインショップ」を開設した。

やまう 三島食品とコラボ ゆかり仕立ての大根漬物

やまうは4月2日から5月末まで、「糖しぼり割大根 ゆかり仕立て」を期間限定で全国発売している。ふりかけのロングセラーである三島食品の「ゆかり」とコラボレーションした漬物で、大根の食感と赤しそのさわやかな味と香りが楽しめる。

ピックルスコーポレーション西日本 佐賀に新工場を竣工 九州一の漬物事業所を目指す

漬物最大手ピックルスコーポレーションの子会社であるピックルスコーポレーション西日本はこのほど、九州エリアの新生産拠点となる佐賀工場(佐賀県三養基郡みやき町)を竣工した。4月上旬頃から出荷開始する見通しで、九州全域をカバーする。将来的に九州一の漬物事業所を目指す。

梅 低温で満開遅れる 南高の着蕾は平年並みに

JA紀南によると、今年の梅の開花は1月末から2月にかけて低温が続いた影響で、主力の南高の満開は2月24日となり、平年より10日程度遅くなった。開花期間は例年になく短くなったが、期間中は暖かい日が続き、授粉樹の小梅との開花はほぼ揃った。

ロングセラー「アラ!」に要冷タイプ 佃煮の“惣菜化”進める

ブンセン(兵庫県たつの市)はロングセラーの海苔佃煮「アラ!」に、チルドの新製品「生アラ!」を投入した。原料である国産あおさ(ヒトエグサ)の風味を残すため薄味にし、新海苔の鮮やかな色目を生かすように仕上げた。

干し沢庵 GABAの健康価値 ヒト試験で血圧低下作用

近年、血圧上昇を促す要因の一つとして漬物の塩分が指摘されているが、宮崎県産の干し沢庵は、冷蔵保存での製法に切り替えたことで塩分が約3%に抑えられている。むしろ、血圧降下作用などが認められている機能性成分のGABAの量は、天日乾燥中に2週間で約7倍増加することが分かっている。

覆される定説

定説もいつか覆されるのか。地球温暖化と二酸化炭素は関係ないという学説がある。地球の気候サイクルがたまたま気温上昇期に当たっているという。学校で源頼朝の肖像画と教えられた絵は、実は足利尊氏の弟である足利直義を描いたものという説もある。

新春漬物 浅漬 長引く原料不足の影響 契約栽培を強化する動きも

浅漬の16年出荷額は微減の約880億円となった(本紙推定)。同ジャンルにとって原料の安定確保は永遠の課題だが、近年は天候不順による原料高が常態化している。

野沢菜漬 未曽有の原料危機に 正念場を迎えるメーカー

昨秋2回の台風による原料被害で、野沢菜漬が出荷調整に追い込まれている。長野の有力メーカーでは契約分の3割、前年同期比の4割程度しか原料を確保できず、中には前年の1割しか手当てできなかったメーカーもある。
- Advertisement -

ロングランアクセス