2020 / 04 / 05 日曜日
ホーム タグ マルトモ

タグ: マルトモ

震災で休止の仙台かつおパック工場が生産再開 マルトモ

マルトモは休止中だった仙台第一工場(宮城県柴田町)をリニューアルし、6日からかつおパック製品の生産を再開した。投資総額は5億円。仙台工場は2011年の東日本大震災以降、第一工場での削り節製品、水産チルド製品の生産を休止していた。

マルトモ「お魚まる」 既存シリーズ上回る勢い

マルトモが9月に発売した惣菜調味料「お魚まる」シリーズが好調だ。同社がこれまで発売してきた「お野菜まる」シリーズ、「お肉まる」シリーズを上回る勢いで配荷が進んでいる。「お魚まる」は、消費者と売場双方が持つ魚メニューに対する課題の解決を提案しており、これが支持された形だ。
東日本乾物・乾麺展示商談会(日本アクセス)

東京で乾物・乾麺展示会 年末商材など重点紹介 日本アクセス

日本アクセスは19日、毎秋恒例の「東日本乾物・乾麺展示商談会」を東京のサンシャインシティ展示ホールで開催した。戦略カテゴリーに位置づける乾物・乾麺の最新の販売企画や主要メーカーの重点商品を得意先関係者に紹介するもの。出展社数114社、来場者数約300人。

和食給食応援団 都内でサミット 調理実演で献立提案も

「和食給食サミット」(主催・和食給食応援団、共催・東京家政学院大学)が19日、東京都千代田区の東京家政学院大学で開かれた。和食料理人、栄養教諭や学校栄養職員などの学校給食関係者、和食材メーカー関係者を中心に約300人が参加。これからの学校給食を考える場となった。

かつお製品 主原料、年明けから高騰 値上げの動き業界全体に

かつお製品の値上げの動きが拡大している。主原料のカツオが年明けから高騰しているため。削り節業界ではヤマキが8月1日出荷分から値上げを実施したのに続き、マルトモも9月出荷分からの値上げを発表したが、はごろもフーズが9月1日出荷分から、にんべんも10月2日出荷分からの値上げを発表した。
大物春季謝恩展示会

大物が春季展示会 JA関連、名入れ品など新分野アピール

大物は2月15、16の両日、マイドームおおさか(大阪市)で春季謝恩展示会を開いた。新規5社を含むメーカー150社が出展。得意先200社(卸150社、スーパー50社)、約350人を招いた。
- Advertisement -

ロングランアクセス