サタケの業務用炊飯設備「SILK」 業界唯一の加圧式IH方式 専用サイトでアピール

サタケ(広島県東広島市)は、業務用炊飯設備「SILK」のPRに力を入れている。

SILKはスーパーやコンビニ向けの炊飯設備で、業界で唯一、加圧式IH炊飯方式を採用する。

食味の特徴は、高圧・高温で炊飯するため経時劣化が少ないこと。通常のラインは洗米機と浸漬装置が離れているが、SILKは一体化しており従来型よりも25~40%の省スペースが可能となる。また、炊飯中に発生する蒸気を逃さない構造のため、ガス炊飯に比べ排熱が少なく、快適な作業環境を維持できる。

こうした商品特性をアピールする狙いで、このほど専用ウェブサイトを新設した。「作業環境の改善やSDGsへの貢献という点に、関心を持たれる事業者や採用事例が増えている」と同社。サイトでは製品概要のほか、導入例も紹介している。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球