自然体験のアイディア表彰 安藤財団「トム・ソーヤースクール企画コンテスト」 最優秀賞に福井の小学校

安藤スポーツ・食文化振興財団は、「第22回トム・ソーヤースクール企画コンテスト」の審査委員会をこのほど開き、23年度の表彰団体として学校部門の最優秀賞となる「文部科学大臣賞」に越前市大虫小学校(福井県)、一般部門の最優秀賞となる「安藤百福賞」に紀の国森社中(和歌山県)を選定した。2団体には副賞で100万円と「チキンラーメン」1年分を贈呈する。

本コンテストは、「自然体験活動は子どもたちの体力、創造力、チャレンジ精神を育む」との考えに基づき、全国の学校や団体から自然体験活動の企画案を公募し実施を支援するとともに、優秀な活動団体を表彰するもの。後援は文部科学省、横浜市ほか。

今年度、「文部科学大臣賞」の越前市大虫小学校は、「滴り落ちる玉の汗を玉鋼に弾け飛ぶ汗の粒を米の粒に さあ、行こうか、大虫!」として、日本の伝統文化である「たたら製鉄」や「虫送り」の体験学習を通じ、子どもたちの自主性や地域とのつながりを育み、さらにSDGsの重要性を学んだ。「安藤百福賞」の紀の国森社中は、子どもらが日常的に四季折々の自然体験活動ができる「森のあおぞら学童」により社会性や自立心を身に付けられるプログラムが評価された。ほかに「優秀賞」2団体、「推奨モデル特別賞」3団体、「トム・ソーヤー奨励賞」1団体、「努力賞」6団体を選定した。

表彰式を1月27日に「安藤百福発明記念館 横浜(愛称:カップヌードルミュージアム 横浜)」で開催。当日は市毛良枝氏(俳優、日本トレッキング協会理事)による講演会も行う。テーマは「自分らしさを大切にした自然との向き合い方」。参加費は無料。定員200人(事前申し込み制)。

EU農産品 フランス製 冷凍スイーツ オノレ onore - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)