関心は来春以降の市場に

冬需への対応が本格化する中で新商品など来春に向けた施策の話題に触れる機会が増えてきた。目の前に控えるクリスマス商戦や年末商戦の動きは気になる。しかし業界の関心は早くも来春以降の市場の動きに移りつつあるようだ。

▼年が変わっても生活者の意識はそう簡単に変わらない。おそらく当面は節約を意識した生活にならざるを得ないだろう。家庭内食、中食、外食の各分野でこの節約ニーズにいかに対応していくかが大きなテーマになることは明らかだろう。

▼家庭内食の分野でいえば調理離れの傾向も見られる。一方、節約をするために調理をする機会が増えている可能性もある。ただし、忙しさの中で時短・簡便への意識が高まっている。この時短・簡便ニーズへの対応も一つのテーマになる。

▼コロナ禍の中で増えたのが基礎調味料などを使って調理する機会だ。このニーズも一定程度残っているとみられ、その対応もテーマの一つになり得る。商品施策、コミュニケーション施策を通して、いかに様々なニーズに応えていくかが年明け以降、来春以降の焦点になる。

EU農産品 フランス製 冷凍スイーツ オノレ onore - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)