ニッスイ 健康・本格・簡便を提供 「わが家の麺自慢」価値訴求 秋冬新商品

ニッスイは23年秋冬新商品として、本格感ある味わいの「わが家の麺自慢 国産野菜の濃厚味噌ラーメン」、簡便調理でおいしさにもこだわった「まんぞくプレート ふっくらごはんと四川風麻婆豆腐」などを発売する。梅田浩二取締役常務執行役員食品事業執行は、コロナ禍で起きた生活者の変化や物価高の影響などを踏まえ「お客様の多様化するニーズに寄り添い、食で『Wellness Life』の実現に貢献していく」と語った。

食品事業の4~6月累計の売上は家庭用商品、業務用商品とも大半のカテゴリーが前年クリア。品群別にみると、家庭用冷食は米飯、弁当など、業務用冷食は中華、水産揚げ物、練り製品はかに風味スティックなどが伸びた。

梅田浩二取締役常務執行役員(ニッスイ) - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
梅田浩二取締役常務執行役員(ニッスイ)

秋冬の新商品は「Healthy(=健康ライフ)」「Satisfaction(=本格・こだわり)」「Smart&Quick(=省手間・時短・簡便)」をキーワードに開発した。

家庭用冷凍食品では、「わが家の麺自慢」シリーズの価値訴求を強化するため、ブランドロゴに“具だくさん”を加えた。またバラエティ化を図るべく「国産野菜の濃厚味噌ラーメン」を新発売。厚みのある味噌スープに、5種の野菜具材と自家製麺をあわせた。1人前(345g)。

「まんぞくプレート」シリーズに4品目となる「ふっくらごはんと四川風麻婆豆腐」を投入。他社品に比べ男性ユーザーの比率が高いため、人気メニューをシェフ監修で本格的な味わいに仕上げた。330g。

市場で幼児食期の製品が手薄なことから、「ニコパク」シリーズとして「宝をさがそう!親子丼」「宝をさがそう!マーボー丼」を追加。星形かまぼこを探しながら楽しく完食できる。現状はEC主体に販売しているが、スーパーなど店頭への露出も強化する。2個(240g)。

まんぞくプレート ふっくらごはんと四川風麻婆豆腐(ニッスイ) - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
まんぞくプレート ふっくらごはんと四川風麻婆豆腐(ニッスイ)

家庭用すり身製品は健康領域商品を拡充。「速筋タンパク 太ちくわ」は1本でたんぱく質を6.7g、うち「速筋タンパク」を4.5g摂取できる。また機能性表示食品で「記憶力を維持するEPA+DHA チーズinスティック」を新提案。EPA・DHAは認知機能の一部である記憶力を維持することが報告されている。3種のチーズを使用した味わい。60g(2本)。

びん詰は2品投入。明太子味のサケフレークを使った「鮭めんたい」と、塩分カットした「減塩30% 鮭めんたい」。ともに48g。レトルトは、鍋スープで人気ラーメン店とタイアップ。「らーめん山頭火監修」シリーズとして「〆まで旨い らーめんスープ鍋 とんこつ塩」など2品を発売。150g。

業務用は、「総菜売場向け・行楽商品」「外食店舗応援」「人手不足対策」をテーマに開発。「R備長炭火焼き鳥」は「もも」「ねぎま」など5品をブラッシュアップ。お肉のカットサイズを大きく立体感ある見た目とし、先端部分に振り塩するなど専門店の品位を目指した。「とろーり大粒たこ焼き30」は食感にこだわって改良。コロナ禍で苦戦したカテゴリーの復調を想定して投入する。

水産品は、健康志向などを背景に生活者の魚食ニーズが高まっておりラインアップを強化する。特許技術でおいしさと塩分オフを両立させた「美味塩技(おいしおわざ)」シリーズとして、「さばの干物」(2切・100g)と「ほっけの干物」(2切・110g)を量販店水産売場・宅配向けに展開。「ふっくら切身」シリーズ(「骨なしさわら」「骨なしすけそうだら」など)は店頭販売を想定しパッケージをリニューアル。記載のQRコードからレシピサイトにアクセス可能。産業給食・外食などにも展開。300g(5切)。

各温度帯の家庭用・業務用および水産品合計の新商品は41品で販売目標56億7千900万円、リニューアル品は26品で同144億8千200万円。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球