「ミニチュロス」認知拡大へCMやキッチンカーで販促 日清製粉ウェルナ

日清製粉ウェルナは家庭用冷凍食品「Smart Table ミニチュロス」のプロモーションを展開する。商品の認知拡大と冷凍スナック売場の活性化を目的に、TVCMとデジタル広告の放映に加え、キッチンカーでの無料サンプリングなどを実施する。

TVCMは9日から放映中で、「ミニチュロス」の特徴であるサクっとした食感を訴求するためASMRを活用。食べる時のワクワクするような気持ちを音や映像にし、香りまで想像できるよう「ストップモーション×イラスト」で表現した。10日からはデジタル広告で日々の様々なシーンやハロウィン、クリスマスなどでの「ミニチュロス」の楽しみ方を紹介する。

15~30日の土日6日間は東京、埼玉、神奈川の商業施設3か所で計約1万5千本の「ミニチュロス」を無料サンプリング。パッケージデザインをモチーフとした配色や、製品ロゴで装飾したキッチンカーで出店する。出店日と場所は15、16日が東京スカイツリータウン、22、23日がイオンレイクタウン、29、30日がららぽーと横浜。

さらにツイッター、インスタグラムを使ったSNSキャンペーンも展開。キャンペーンアカウントをフォローした上で、好きな写真にハッシュタグ「#ミニチュロス」を付けるなどして投稿。投稿した人の中から抽選で計100人にアイリスオーヤマ冷凍庫やアラジングラファイトトースターなどの賞品をプレゼント。11月30日まで。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日