ライフ目黒八雲店 自由が丘駅北側の出店手薄なエリアにオープン

ライフコーポレーションは5月29日、住みたい街ランキングで上位にランクインする東京・自由が丘に目黒区4店舗目となる「ライフ目黒八雲店」をオープンした。

同社は「自由が丘駅の北側はスーパーが少ないため、住民の方々の不便を解消できる。品質にこだわったPBや地元老舗店の和菓子、豊富な総菜などを取り扱う」としている。

店舗から1km圏内の世帯数は約2万5千600、人口は約5万1千人。年齢別の人口構成は40代が17・6%と最多で、30代が15.9%で続く。

売場では、味や品質にこだわった「ライフプレミアム」や自然派志向に応える「BIO-RAL」を取り揃えるほか、新鮮な鮮魚やチーズの対面販売コーナーを設置した。全国の銘菓を集めた「諸国銘菓」コーナーでは地元自由が丘発祥の老舗「亀屋万年堂」の和菓子も品揃えしている。店内調理した出来立ての惣菜、簡便なミールキット商品なども豊富に取り扱う。

【ライフ目黒八雲店】東京都目黒区八雲3-12-13▽鉄骨造り地上2階・地下1階建て(売場1階・地下1階)▽売場面積1千592㎡▽従業員数78人(うち社員19人)▽駐車場49台▽売上目標30億円▽営業時間9時30分~22時

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日