2020 / 02 / 29 土曜日
ホーム タグ 異物混入

タグ: 異物混入

海洋プラごみゼロへ 飲料業界がクリーンアクション

飲み終わったペットボトル(PET)は、正しい方法で分別回収されれば再びPETあるいは他のプラスチック素材に生まれ変わる――。市場に出回る約60万tのPETは現在、ともに高い回収率(92.2%)とリサイクル率(84.8%)で循環しているが、その規模の大きさから、

回収箱に異物はNO! 飲料業界の切実な願い

飲み終わったペットボトル(PET)は、正しい方法で分別回収されれば再びPETあるいは他のプラスチック素材に生まれ変わる――。この啓発活動に、飲料業界をとりまとめる全国清涼飲料連合会(全清飲)が本腰を入れる。海洋プラスチック問題が背景。

大神神社建立120周年記念祭 地元生徒の絵馬も奉納 兵庫県手延素麺協同組合

兵庫県手延素麺協同組合は11日、「大神神社 本殿建立120周年記念祭」をたつの市で催した。大神神社はそうめん発祥地とされる三輪の大和国一之宮大神神社の分祀として、明治2年の1869年に建立。
国分グループ本社会長・國分勘兵衛氏

國分勘兵衛 平成を語る〈7〉

雪印グループを解体に追い込んだ2度の雪印事件(平成12年〈2000〉雪印乳業集団食中毒事件、平成14年〈2002〉雪印食品牛肉偽装事件)を皮切りに、平成中期には食品事故、表示・品質偽装、食品テロが多発した。

HACCP義務化 ベースは「一般衛生管理」 機材活用で効率的対応を

HACCPは、食品の製造工程で起こり得る食中毒や異物混入などの危険をあらかじめ予測し、その危険を防止するために重要な工程を継続的に監視する方法で、国際的に認められた工程管理の「手法」である。先進国を中心に導入が進んでおり、今や食品衛生管理の世界標準になっている。

潜在的異物は無数に存在 各種対応機材の活用を

近年、さまざまな食品に対する異物混入問題が急浮上し、食品回収(リコール)の件数も増えている。背景には、消費者の食品安全意識の高まりに伴い、“潔癖性”に代表される消費者の衛生観念が変化し、異物混入に対してもこれまで以上に厳しい目を向けているという要因がある。
- Advertisement -

ロングランアクセス