2020 / 02 / 18 火曜日
ホーム タグ 岩手県

タグ: 岩手県

「サヴァ缶パスタソース」売上の一部を寄付 復興支援、継続強化へエスビー食品

エスビー食品は岩手県で作られている洋風さば缶「サヴァ缶」とコラボレーションした「サヴァ缶パスタソース」(2019年3月発売)を通して東日本大震災からの復興を支援する活動を展開している。14日には岩手県に19年9月末までの売上げ約1億円の1%を寄付し、2月10日にはラインアップを2品から3品に拡充。

東北の高校生ら、FDスープでアイデア競う 優勝は「岩手のじゃじゃ!鶏蛋湯」 東洋水産

東洋水産は11月23日、東北6県の高校生を対象にしたフリーズドライ(FD)カップスープのアイデアコンテスト「スマイル“フード”プロジェクトin東北2019」決勝大会を開催した。

「岩手県産サヴァ缶と出会った」 オリーブオイルとのコラボギフト 味の素AGFの開発担当者語る

「個人的には洋風サバ缶の中でひと際おいしく感じられた。岩手県釜石市の工場は東日本大震災で被災し、再建にはかなりの年月を要したと聞いていたが、訪れると整理整頓が行き届いていて、余分な脂や骨は手作業で取り除かれていた。このような姿勢や丁寧さがおいしさにつながっているのだと確信した」と語る。

心を贈る新ギフトが続々 「コラボ」と「生産者」を新機軸に 味の素AGF

味の素AGF社(AGF)は今歳暮期を皮切りにギフトの新戦略を遂行していく。中元・歳暮ギフト市場は縮小傾向にあるもののその市場規模は大きく、中元・歳暮以外にも手土産や誕生日といった通年のさまざまな贈答機会に拡大余地があることが背景。

日本産ホップ、価値向上へ 「フレッシュホップフェスト」11月末まで開催

スプリングバレーブルワリー(SVB)はこのほど、9月1日から11月30日の約3か月間にわたり全国で「フレッシュホップフェスト2019」を開催すると発表した。
国分グループ本社会長・國分勘兵衛氏

國分勘兵衛 平成を語る〈9〉 大規模災害に学ぶこと

平成7年〈1995〉の阪神淡路大震災、平成23年〈2011〉の東日本大震災を筆頭に、平成期には大規模な自然災害が多発した。地球規模の気候変化を背景に、日本は今後も大小様々な災害と向き合っていくこととなろう。

訃報相次ぐ塩業界 重鎮の遺したもの

岩手塩元売・東日本ソルトの宮澤啓祐社長が逝去した。故宮澤氏は宮澤賢治の親戚関係にあり、自身が宮澤賢治記念館の館長も務めていた。名刺を頂くと、その裏には幾つもの企業・団体の肩書きが並んでいたのを思い出す。それだけ東北経済界の重鎮であった。

「釜石ラーメン」再現のカップ麺 復興支援へ「新華園本店」発売 明星食品

明星食品は4日、岩手県釜石市の老舗ラーメン店「新華園本店」店主の西条優度氏とコラボレーションしたノンフライカップ麺「明星 新華園本店 釜石ラーメン」(税別218円)を全国発売した。同社が2011年から実施している東北復興支援商品の第9弾。

岩手食材で「サヴァ缶パスタソース」 復興支援にも一助 エスビー食品

エスビー食品は岩手のオリジナルブランドである洋風さば缶「サヴァ缶」とコラボレーションした「サヴァ缶パスタソース」2品を3月4日から全国で新発売する。さばや「サヴァ缶」のおいしさに、スパイスとハーブ、同社の技術を掛け合わせたパスタソースを提案。

「フード・アクション・ニッポン」 10産品を表彰 「和ごはん」で特別賞も

農林水産省は23日、「フード・アクション・ニッポン アワード 2018」最終審査会・表彰式を都内のホテルで開催した。10回目を迎えた今回も国内の大手小売業などのトップ10人が最終審査委員を務め、国産農林水産物の魅力を生かした優良な産品をコンテスト形式で発掘。最終受賞10産品と特別賞3産品を表彰した。

「い・ろ・は・す」は“めっちゃ近い水” 採水地の近さアピールへお笑い芸人ら配布

コカ・コーラシステムは8月1日の「水の日」に向け、「い・ろ・は・す “めっちゃ近い水”プロジェクト」を展開中で、26日には東京都港区六本木の六本木ヒルズアリーナでサンプリングイベントを行った。

そば処東家のわんこそば

240g
350円

<特徴>日本三大そばとして親しまれている岩手県のわんこそば。岩手県盛岡に明治40年に創業して以来、本場のそば料理店として暖簾を守り続ける「そば処東家(あずまや)」のそばを再現した同品は、国産原料を100%使用し、麺線を細く仕上げることで、のどごし良く、なめらかな食感を再現した。そばを口に入れると、豊かな風味がふわりと広がる。家庭で本格的なわんこそばが楽しめる商品。ゆで時間4分。

㈱小山製麺
〒023-0402 岩手県奥州市胆沢小山字下野中2-5
電話0197(47)0434 FAX0197(47)0578

サタケ コメのDNA品種鑑定 新たに16品目で可能に

サタケはこのほど、コメ・炊飯品種鑑定サービスの鑑定可能品種を新たに16品目加え341品種に拡充した。同社は03年から、DNA品種鑑定分析サービスを開始し、これまで数多くの分析サービスを受託するとともに、鑑定可能品種の拡充に取り組んでいる。

キリン×亀田製菓×HUB 特産野菜「遠野パドロン」の柿の種を料飲店に

亀田製菓はキリンが支援する岩手県遠野市で生産された野菜「遠野パドロン」を使った「亀田の柿の種 パドロン風味」を開発、英国風パブを展開するハブのHUB店舗(浅草店を除く)限定のスピードメニューとして9日から発売した。

くまモンと中元商戦開始 髙島屋日本橋本店

髙島屋は2日、日本橋店にギフトセンターを立ち上げ中元商戦をスタートさせた。7日には中元イベントを開催。田中良司店長は店員らを前に「現在のところ前年予算を大きく上回っている。入店客数、売上げはともに好調だ」と期待を示した。第1四半期も好調で、5月入店客数も多く、街全体の集客力が上がっている。
- Advertisement -

ロングランアクセス