2020 / 02 / 27 木曜日
ホーム タグ カルピスウォーター

タグ: カルピスウォーター

変革力と調整力が強み アサヒ飲料・米女次期社長が語る3つの強化ポイントとは

アサヒ飲料は20日都内で新社長会見を開催し岸上克彦社長は3月23日付でバトンを渡す米女太一(よねめ・たいち)次期社長についてこう評した。岸上社長は1976年のカルピス食品工業入社以来、45年間、飲料業界に身を置き15年から現職。

アサヒ飲料、炭酸カテゴリーを強化 主要ブランド軸足に1億ケース目標

アサヒ飲料は今期(12月期)、「三ツ矢」「ウィルキンソン」など主要ブランドを中心に炭酸カテゴリーを強化していく方針を明らかにした。これについて20日、都内で事業方針説明会に臨んだ岸上克彦社長は「アサヒ飲料の顔としてのお客さまにご理解いただけるカテゴリーを考えた。

飲料 供給体制を強化 台風・豪雨など予測できない天災に備え

飲料各社が供給体制を強化している。台風や豪雨の大型化や天災の予測もしないエリアへの襲来が、その背景にある。一方で、上昇し続ける物流コストを抑制する狙いもある。

アサヒ飲料 17年連続成長へ猛ダッシュ 「ウィルキンソン」破竹の勢い

アサヒ飲料は目下、17年連続の販売数量増を目指して追い込みをかけている。1-11月累計の飲料販売実績は前年同期比1%減で、現在、前年超えへと向かいつつあるという。11日、取材に応じた岸上克彦社長は、まず今年の市場環境について

カルピス100周年で明石市に寄付金 アサヒ飲料

アサヒ飲料の岸上克彦社長は10日、明石市の泉房穂市長を表敬訪問した。同社の「カルピス」ブランド100周年と明石市市制施行100周年を記念して、明石市立天文科学館に100万円を贈呈。明石市から同社に感謝状が贈られた。

低迷期に原点回帰 三島海雲提唱の基本価値見直す 「カルピス」100周年 アサヒ飲料岸上社長に聞く③

1990年に発売した「カルピスウォーター」が大ヒットしたことで旧カルピス社の業績は急拡大するものの、2000年代に入ると「カルピス」ブランドは再び苦戦する。

90年代に大ヒット「カルピスウォーター」でブランドの力痛感 「カルピス」100周年 アサヒ飲料岸上社長に聞く②

1976年に旧カルピス社へ入社し、東京、新潟、宇都宮と営業畑を歩んできたアサヒ飲料の岸上克彦社長。東京に再び戻り営業活動していたある日、衝撃が走る。1990年、旧カルピス社が第三者割当増資を実施し、これを味の素社が引き受け筆頭株主になるとの一報が耳に入ったのだ。

「カルピス」初の見学施設 100周年記念し10月公開

「カルピス」の生みの親である三島海雲は教師を経て雑貨商となり1908年(明治41年)、30歳のときに仕事で内モンゴルを訪れた。元来病弱だった海雲は長旅ですっかり疲れ果ててしまったが、遊牧民らに勧められ、乳を乳酸菌で発酵させた白くて酸っぱい飲み物を毎日飲んでいたところ、

アサヒ飲料が「こども食堂」に助成金 社員参加イベントの売上を充当

アサヒ飲料は「三ツ矢の日」(3月)および「カルピスの誕生日」(7月)に行った社員参加型店頭試飲イベントの売上げの一部を「赤い羽根福祉基金」を通して“こども食堂”に寄付金で助成することを決め19日、東京都墨田区吾妻橋の本社ビルで、社会福祉法人中央共同募金会「赤い羽根福祉基金」へのこども食堂助成贈呈式を行った。
- Advertisement -

ロングランアクセス