ニューヨーク酒蔵「DASSAI BLUE」 4月23日、数量限定で日本上陸 国内販売は初めて

清酒「獺祭」醸造元の旭酒造は、昨年米国のニューヨーク郊外で本格稼働した酒蔵で仕込んだ「DASSAI BLUE」(獺祭BLUE)の「Type23」と「Type50」を、4月23日から日本国内の一部取り扱い店で限定発売する。

日本での販売は初めて。昨年9月からニューヨーク州の飲食店やリカーストアに向け出荷してきた。日本での発売に際し、桜井博志会長は「獺祭の『美味しい酒を目指す』、その心を皆様に理解していただくためにも、その証左として獺祭BLUEを日本に紹介したい」などとコメントを寄せた。なお発売日の4月23日は看板商品「獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分」にちなんだもの。

「Type23」は精米歩合23%。日本の「磨き二割三分」と同じ味を目指すのではなく、「獺祭BLUE」としての美味しさを追求し、ニューヨークの環境でできる最高の品質を目指した。「Type50」はニューヨークで最初に醸した酒。精米歩合50%。すっきりした香りとしっかりしたコクがあり、キレイな甘みと柔らかい口当たりが特徴。2品とも原料米は日本産の山田錦を使用。アルコール分は14%。容量は720ml。価格は「Type23」が1万円(税別)。「Type50」が3千800円(同)。

桜井会長は「獺祭は販売のために酒の方向性を変えることはしない。本当に美味しい酒のために、最高の原料で原価がかかろうとも純米大吟醸しか造らない。これはニューヨーク蔵(「DASSAI BLUE Sake Brewery」)の獺祭BLUEにおいても同様」と酒造りへの想いを語る。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日