ローソンとワタミが配送で協業 トラックの非稼働時間を活用 物流2024年問題へ業界の垣根を超えた連携

 ローソンとワタミは商品配送トラックの物流シェアリングを4月6日から開始する。

 ローソン店舗への商品配送を行っているトラックの非稼働時間を活用して、ワタミが運営する「ワタミの宅食」の商品を埼玉県東松山市の製造工場から東京都と埼玉県の営業所約20ヵ所へ配送する。

 物流2024年問題への業界の垣根を超えた連携となり、配送トラックのシェアリングを行うのは両社とも今回が初めてとなる。

 配送する商品の温度帯やシェアリング可能な時間帯が合致したことや両社の物流拠点が近かったことを受け、持続可能な配送網の構築が可能と判断。
 対象商品数は1日平均約3200食。2024 年度中を目途に順次エリアへの拡大を目指していく。

EU農産品  - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)