豆乳生産量 「無調整」過去最高を記録 全体ではほぼ横ばい

日本豆乳協会調べによる2023年1~12月期の豆乳類全体の生産量は、前年同期比95.7%の39万8千485㎘だった。

品目別の「豆乳(無調整)」は101.6%の12万8千330㎘と増加傾向が続き、過去最高を記録した。「調製豆乳」は93.6%の19万1千187㎘、「果汁入り豆乳飲料」は100.6%の1万5千953㎘、コーヒーや紅茶などの「フレーバー系の豆乳飲料(その他)」は89.1%の4万9千738㎘と「果汁入り豆乳飲料」を除き、いずれも前年をやや下回った。主に業務用の豆乳の「その他」カテゴリーは、外食需要の減少により94.3%の1万3千277㎘と引き続き低迷。

23年の全体市場について協会では、「昨年は外部環境の変化や価格改定の影響を受けたが、ほぼ前年の数値を維持できた。加えて豆乳愛飲者や料理需要の多い無調整豆乳や果汁入り豆乳飲料は大きく伸び、ヘビーユーザーの増加や新規ユーザーを取り込んだ。特に無調整豆乳は、砂糖などの甘味料などを使用せず、健康的であり、大豆たんぱくやイソフラボンを手軽に摂取することができるため、健康意識が強い消費者の需要が高まった」としている。

EU農産品 フランス製 冷凍スイーツ オノレ onore - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)