岩手県陸前高田市でサーモンの試験養殖へ ニッスイ

ニッスイは、岩手県陸前高田市でサーモンの試験養殖に着手する。広田湾漁業協同組合との共同。今後は同県と計画の内容を協議した上で、11月をメドに開始する。

試験養殖はギンザケを対象に漁場環境の調査や生産方法の検討などを行い、早期の本格的な養殖事業への移行を目指す。

陸前高田市は東日本大震災からの復興を進め、かねてより盛んな水産業の振興にも注力しているが、主要魚種の秋サケの大不漁により、漁業関係者の経営状況に影響が出ているという。新たな海洋資源としてサーモンへの期待が高まっている。

ニッスイはサステナビリティを企業価値創造の主要施策に位置付け、持続可能な養殖事業に取り組んでいる。その一環でサーモンの養殖は鳥取県境港市、新潟県佐渡市、岩手県大槌町と拠点を増やしている。同社は「陸前高田市でも養殖事業を実施することで事業の発展を図るとともに、同市の産業振興と新たな雇用の創出で地域社会に貢献していきたい」。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球