近畿大学水産研究所 創業10周年イベントを開催 養殖魚の特別メニュー提供

近畿大学(大阪府東大阪市)と同大学発ベンチャー・アーマリン近大(和歌山県白浜町)が出店する「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所」は、創業10周年を記念してイベントを開催する。期間は4月20日(木)から30日(日)まで。大阪店・銀座店で特別メニューを提供するほか、来店客全員にオリジナルポチ袋をプレゼントする。

提供する特別メニューは、同大学農学部食品栄養学科・冨田圭子准教授が監修した「世界に恋する近大魚~Fish Japanesque entrée~」(ディナー限定・税込1,800円)、「近大10魚種の押し寿司~近大宝石箱~」(ランチ限定・税込2,000円)、「近大10魚種のお造り盛り合わせ」(ディナー限定・税込2,500円)の3品(数量限定)。

「近大10魚種のお造り盛り合わせ」(近畿大学水産研究所) - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
「近大10魚種のお造り盛り合わせ」(近畿大学水産研究所)

お刺身盛り合わせは通常6点盛だが、10周年を記念して近大マグロ、マダイ、ブリヒラなど近畿大学水産研究所が誇る養殖魚10種類を盛り合わせにした。「お得な価格で、近大マグロだけでなくいろいろな種類の近大産養殖魚を食べ比べることができる」としている。

「近畿大学水産研究所」大阪店・銀座店は2013年にオープン。その後2020年には東京駅構内のグランスタ東京に「近畿大学水産研究所 はなれ」を出店し、来店客はこれまでに3店舗合計で160万人を超える。安心・安全で美味しい養殖魚の提供とともに、持続可能な養殖魚の重要性を打ち出し「養殖魚の価値の転換」を目指している。

「世界に恋する近大魚~Fish Japanesque entrée~」(近畿大学水産研究所) - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
「世界に恋する近大魚~Fish Japanesque entrée~」(近畿大学水産研究所)
5月8日は「#ぬか漬けの日」アイデアレシピ大募集
優秀作にはプレゼントも