プロが作る本物の海苔弁 有明産一番摘みを贅沢に ニコニコのり

ニコニコのりは、「海苔弁 極」(税込み1千80円)を14日から、新大阪駅(新幹線改札内)のグランドキヨスク新大阪で販売開始した。製造は同社が運営するおにぎらず専門店「笑屋」(にこや)。

海苔弁の顔となる海苔には一番摘みの柔らかく旨味の特に強い有明海産を使用し、食べやすいよう贅沢に刻み敷き詰めている。香りのよい国産スジ青のりをふりかけることで、2種類の海苔の旨味と香りが引き立つ設計。上質な海苔は、豊かな甘みともっちりした程よい粘りのある新潟県産コシヒカリのご飯や、鹿児島県産の風味豊かな鰹節と特製だし醤油を合わせたおかかと相性抜群。

メーンの具材には民間市場では日本最大級の大阪木津市場より直接仕入れた銀鮭を使用し、皮ごと美味しく食べられるよう香ばしく焼き上げた。その他、だし巻き玉子、合鴨パストラミ、揚げ茄子のおひたし、れんこんの金平、紅あずまの甘露煮、きぬさやなど、こだわりの具材が楽しめる。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日