ヤマダイ 6月から「凄麺」など約40品目値上げ

ヤマダイは、2023年6月1日納品分から「凄麺」ブランドなどカップ麺の製品価格を希望小売価格ベースで5~11%引き上げる。対象は約40品目(「ニュータッチ 元祖ねぎらーめん」「ヴィーガンヌードル」「スープデパスタ」など除く)。昨年6月に続く再値上げとなる。新価格は以下の通り。

「凄麺」の「ご当地シリーズ」(「佐野らーめん」など)と「逸品シリーズ」(「ねぎみその逸品」など)は255円(現行242円)、「手織里庵」は「同 とろろ昆布のそうめん」などタテ型カップ3品が220円(同198円)、「同 手延そうめん」が265円(同242円)。オープン価格の「懐かしシリーズ」は出荷価格を引き上げ。

原材料費・包材費・物流費等の上昇が続いており、自助努力のみでは吸収できないと判断した。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日