エア・ウォーターアグリ&フーズ フローズン・チルド惣菜強化へ 畜産品と野菜の冷凍ミックス発売

産業ガスをはじめ、医療、食品など関連企業200社強を傘下に持つエア・ウォーター(AW)で、農業・食品部門を担うエア・ウォーターアグリ&フーズとグループ企業のゴールドパック、プレシアなどは18日、メディア向けに事業方針説明会と23年春夏新商品の発表会を開催。アグリ&フーズの岩本康範社長は「畑の作物をすべてカロリーに、が基本方針。美味しさのロングライフ化にも取り組み、ガス屋が食品を生産するメリットを出していく」と強調した。

同社は22年12月にフローズンチルドのトップシール型惣菜のラインを既存工場の一部を改装し構築。4月には大手コンビニ用惣菜として販売していく。岩本社長はガスを熟知している強みとして「ガスで食品の退色を防いだり、ロングライフ化を追求」とともにグループのガス供給なのでコスト面もメリットがあるとし、今後は「フローズンチルド惣菜を加速させていく」と方針を語った。

今春の新商品は、家庭向け冷凍食品、野菜・果実飲料、冷凍・チルドスイーツを発表。各社2~4月にかけて順次発売していく。AWアグリ&フーズは、「冷凍ミックス野菜」シリーズとして、冷凍野菜では意外になかった組み合わせとして畜産品と野菜の「ウインナー入りえだまめ&コーン」「ベーコン入りいろどり野菜ミックス」など4品を投入。冷凍ケーキからは、「凍ったままが食べごろ」としたセミフレッドケーキシリーズに「ヨーグルトケーキ フルーツ&グラノーラ」など2品を追加した。

ゴールドパックは、人気の北海道シリーズの「北海道野菜100%ストレート」をリニューアルし、野菜を6種類から13種類に増やした。

プレシアは、「ことりっぷ」とコラボした地域食材を使用し旅気分が味わえる「地域の魅力発見!旅するスイーツ」から「川越いもの大学芋風ロール」など5品を発売する

手作りにこだわった冷凍食品をホテルなどに提供する見方は、現在はBtoC向けを強化しており、自社ブランド「北のシェフ」の強化として、「北のシェフHOKKAIDOセット」(2人用、北海道帆立グラタンなど全5品)を新発売する。また、見方は23年4月1日付けでAWアグリ&フーズのMIKATA事業部として再スタートする。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球