テーブルマーク 2月から冷凍食品値上げ

テーブルマークは、23年2月1日納品分から家庭用冷凍食品66品、業務用冷凍食品386品の出荷価格を引き上げる。対象は米飯類を除く大部分の製品。

家庭用冷凍食品は「さぬきうどん5食」「ごっつ旨いお好み焼」などを約3~19%値上げする。大半の製品は22年8月に続く改定。業務用製品は約3~25%アップ。なお一部改定率の範囲が異なる。

同社は「急激なコスト高に対し生産性向上や価格改定などの対応をとってきたが、その後も為替変動や諸コストの上昇が続いており、自助努力だけでは吸収しきれなくなった」としている。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日