「完全栄養食」好評 医療機関に試験提供 日清食品

日清食品は3月22日から25日まで、医療法人祐青会(大阪府)に「完全栄養食」を試験提供した。これまで社員食堂などに試験提供しているが、医療機関への提供は今回が初めて。

同社で調理した「完全栄養食」を冷凍し、医療機関に納入。期間中、91人の通院患者にカレーライス、オムライスを提供した。試食した方の89%が「継続して食べたい」と回答。味についても76%が「おいしい」と感じているほか、「普段、食べられないメニューだからうれしい」「ほかのメニューも気になる」など高く評価した。

提供を受けた医療法人祐青会理事長兼尾崎クリニック院長の木村伸悟医師は「つらい治療をされる患者さまに対し、栄養バランスを鑑みた上で、食事の楽しみや好きなものを食べる喜びを提供できないかと常々考えていた。日清食品が研究を進めている『完全栄養食』を知り、このプロジェクトならば医療機関における食の課題を解決してくれると考えた。今回の取り組みは患者さまからも好評を得ており、将来的にも通院患者のQOL向上につながると期待している」とコメントした。

日清食品では今回の試験提供をモデルケースとし、より多くの医療機関と連携し病院の食からQOLを改善することで食を通じた社会貢献を実現していく。

日清食品の「完全栄養食」は、「見た目やおいしさは(既存のメニュー)そのままに、カロリーや塩分、糖質、脂質などがコントロールされ、必要な栄養素をすべて満たす食」がコンセプトで、日本人の食事摂食基準で設定された33種類の栄養素をバランス良くすべて摂取できる設計。

即席麺などの開発で培ってきた減塩してもおいしさを保つ技術や、油分、カロリーをカットしてもおいしさを保つ技術、味のエグみ、苦みをマスキングする技術、調理時の栄養素流出を防止する技術などを駆使して開発を進めている。