「お好みソース」海外拡売へヴィーガン仕様に オタフクソース

オタフクソースは輸出用の「お好みソース」「焼そばソース」をヴィーガン仕様に刷新した。商品パッケージに「VEGAN」の表記を入れたほか、英字の商品名を強調。「より多くの人にお好み焼や焼そばを食べてもらいたい」(同社)と、国によって食文化や習慣が異なることを考慮し、動物性由来原料だけでなくアルコールや小麦も配合していない。

同社は現在約50の国・地域に向け約300品目を輸出している。09年には肉・魚のエキスを抜いた「お好みソース」、翌年は肉エキス抜きの「焼そばソース」を発売し海外市場へ対応してきた。

グループではアメリカ、中国、マレーシアに工場を持っており、マレーシアではハラール認証を取得した「お好みソース」を展開する。また同社は昨年10月、2023年の海外売上高を現在の倍となる40億円とする計画を発表している。