コーヒー多事争論 業界人が考える「2050年問題」 コーヒーは本当に不足するのか?

コーヒーの持続可能なコーヒー生産が危ぶまれている。その危機感の持ちようは各人で温度差はあるが、消費量が拡大の一途をたどる一方、生産量は気候変動による大減産のリスクにさらされ「コーヒーが足りなくなる未来」は共通認識になっているようだ。

2050年にアラビカ種の栽培適地が現在の50%にまで減少する「2050年問題」の警鐘について「それは何もしない状態で2050年を迎えた場合であり、国際的な研究機関ワールド・コーヒー・リサーチ(WCR)などが対抗性のある品種を開発し、その検証を世界中で行っている。農業のシステムや技術も適用してある程度のところまで対応できると考えている」と指摘するのはUCC上島珈琲の中平尚己農事調査室室長。

“ある程度”とは、地球温暖化がこれ以上進まないことを意味する。

「今よりも5度とか極端に気温が上がったときには大きな影響が出てくる。生産国で干ばつや長雨がおき生産量が急激に落ちて産地がシフトする可能性がある。ただし急激にゼロになることはない」と語る。

自らコーヒーバイヤーとして1年の半分近くをコーヒー生産国で過ごす丸山珈琲の丸山健太郎社長も「気候変動に対して生産者は非常によく対応してくださり、WCRも温暖化に対応できる品種を開発してくれているので、そんなに悲観していない」と述べる。

コーヒーの持続的な生産には、価値に見合った価格でコーヒーを生産者から買い取ることが重要となる。一部では価格の低迷で生産者の離農・転作が進んでいるという。

丸山珈琲では優良な生産者からダイレクトに取引してニューヨーク先物取引市場の相場価格よりも高いプレミアム価格で高品質コーヒー豆を買い付けている。

「恐らく他の人と違う印象だが、現場に行くとスペシャルティコーヒーは潤沢にあることが分かる。足りないように思われるのは、消費国が生産者の求める価格についていけていない実情がある。アラビカ種の生産適地は減っているが、ロブスタ種とのハイブリッドでカップクオリティが良いものは増えてきているので心配していない」(丸山社長)との見方を示す。

キーコーヒーは、16年4月にWCRとの協業を開始しインドネシアにある直営のパダマラン農園の一角を実験圃場として提供。実験圃場では、コロンビアやパナマなど世界各地を原産とする42種のコーヒーの苗木が植えられ、この中から気候変動に耐えベストパフォーマンスを発揮する品種を探す国際品種栽培試験が行われている。

柴田裕社長は「持続可能なコーヒー生産に貢献することはもちろん、生産者もわれわれも売る人・買う人という構図でなく、一緒においしいコーヒーをつくる仲間という意識をお互いに共有することを世界に伝えていきたい」と意欲を示す。

コロンビアに広さ25haの自社農園を持つサザコーヒーは、自社農園にイリゲーション(灌漑)システムの導入を検討。鈴木太郎副社長は「2050年問題では病気・水不足・人手不足の3つが問題だと考えている。このうち水不足については、農園内にパイプを敷いてパイプから水と栄養を点滴のように垂らすことを検討している」と説明する。

18/19年度(18年10月~19年10月)の世界コーヒー消費量は対前年比2・1%増、生産量は3.7%増の見込みだが、消費量が過去10年間の平均で毎年2.1%伸びていることから中長期的には消費の伸びに生産が追い付かなくなることが懸念されている。

丸紅の梶原和幸飲料原料部長は商社の立場から「このままいくと21年をピークに在庫の減少が始まり相場が高騰する」と危機感を抱く。その対策の一つとして「生産者にさまざまな支援をしなければならない。その結果、生産の安定化が図れて消費量がアップするサイクルに持っていきたい」と語る。