ひかり味噌 環境をテーマに訴求 イオン開催のフェアへ参画

ひかり味噌は5月30日から6月2日までの4日間、イオングループが全国のイオン、イオンスタイル、マックスバリュなどで開催した「えらぼう。未来につながる今を」フェアに参画した。環境配慮型商品や環境をテーマとしたサービスの価値を、サプライチェーン全体で伝えた。

より多くの人に環境に配慮した買い物を意識してほしいとの思いから開催されたフェア。有機・オーガニックみそのリーディングカンパニーであるひかり味噌はイオンスタイルの一部店舗で、有機みそ「こだわってます」の展示と、即席みそ汁「有機そだちのおみそ汁」の試食を提供し、同社社員が説明した。

また、ひかり味噌、フンドーキン醬油、イオンアグリ創造が有機原料をそれぞれ持ち寄り、ニチレイフーズが開発・製造した初めてのイオン共同企画商品「有機原料で作った焼おにぎり」が販売された。素材それぞれの特徴を最大限に発揮できる原材料配合だ。

さらに、全国10か所で開催する「見て、触れて、学ぶ体験ツアー」の参加者を6月末まで募集中。ひかり味噌飯島グリーン工場(長野県上伊那郡飯島町)では、みその熟成庫や充填ラインの見学とみその仕込みワークショップを体験できる。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日