2020 / 02 / 22 土曜日
ホーム タグ 爽健美茶

タグ: 爽健美茶

「綾鷹」東京2020戦略指導 “静”に着目、“心をととのえる緑茶”訴求

コカ・コーラシステムは近年、さまざまな飲用シーンに対応するトータルビバレッジカンパニーの考え方のもと「コカ・コーラ」などの有糖飲料に加えて無糖飲料の水・お茶カテゴリーに注力している。お茶カテゴリーでは、このほど東京2020オリンピック公式緑茶になった「綾鷹」を筆頭にラインアップを拡充している。

茶系飲料 紅茶カテゴリーが活性化 女性・若年層にはスッキリ緑茶

茶系飲料の販売量が近年拡大している。健康志向の高まりを背景に無糖茶を中心に支持を集めているのが要因。緑茶と茶色系(麦茶・ブレンド茶・紅茶)といったサブカテゴリー間での食い合いを起こしながらも、無糖茶全体としては中長期的に成長していくものとして各社とも注力している。

日本と世界のベストを融合 日本コカ・コーラ カリル・ヨウンス副社長に聞く

製品戦略には3つの大きな柱がある。日本のベストと世界のベストを組み合わせたものとして出していくことが1つ。次に、継続してポートフォリオを発展させること。最後は日本の消費者をしっかり理解した製品を発売していくことにある。

「爽健美茶」原点回帰 価値多様化を映しブランドの顔も25組に

コカ・コーラシステムは発売25周年を迎える「爽健美茶」の原点回帰を図った。1994年の発売開始から受け継がれているコンセプト“爽やかに、健やかに、美しく”を価値観の多様化が進む現在の視点で見直してコミュニケーションを進化させた。

コカ・コーラシステム 今度は「爽健美水」 ブランド価値 より広く

コカ・コーラシステムは「爽健美茶」ブランドから、7素材の植物と果物のエキスを使用した新製品「爽健美水」を25日から全国で発売した。1993年に誕生した「爽健美茶」は、ブレンド茶のトップブランド。

コカ・コーライーストジャパン 女性向け自販機を設置

コカ・コーライーストジャパン(CCEJ)は、同社初の取り組みとして女性向け自販機を開発・設置した。
- Advertisement -

ロングランアクセス