ラベルレス商品が拡大 「お~いお茶」も参入 手軽さとエシカル消費の高まりが追い風に

ラベルレスのペットボトル商品(ラベルレス商品)が拡大している。

新たに参入するのは伊藤園の「お~いお茶」で、16日に「お~いお茶 カフェインゼロ ラベルレス」をケース販売限定で新発売している。

ラベルレス商品は、飲み終わった際にはがす手間が省ける手軽さや時短に加えて、プラスチック使用量削減につながることからエシカル消費やSDGsの機運の高まりを追い風に拡大している。

ラベルレス商品の販売チャネルはECと一部の小売業態。ラベルに記載している原材料名などの一括表示を外装の段ボール(ケース)に記載する必要があるためケース単位で販売されている。

今年3月に省令の一部が改正されたことで、ケースに収められている個別容器に従来貼り付けていたリサイクルマークなどを記載したタックシールが不要となったことで完全ラベルレス化が実現。

これを機にECで、4月から初のラベルレス商品として「い・ろ・は・す 天然水 ラベルレス」を販売して本腰を入れたのはコカ・コーラシステム。8月には「綾鷹」「カナダドライ ザ・タンサン・ストロング」「爽健美茶」のラベルレス商品を追加した。

サントリー食品インターナショナルは、顧客から寄せられた「PETを処分する際、商品のラベルやシールをはがす手間が面倒」との声を受けて、11月3日からEC向けに「サントリー天然水スパークリングレモン ラベルレス」と「伊右衛門 ラベルレス」を新発売している。

アサヒ飲料は18年に「おいしい水」ブランドからラベルレス商品を発売し19年には「十六茶」「十六茶麦茶」「守る働く乳酸菌」からもラベルレス商品を発売開始。20年からは「守る働く乳酸菌」のラベルレスボトルをAmazon限定で発売し、直近では10月6日に緑茶飲料のラベルレス商品を投入した。