2020 / 03 / 31 火曜日
ホーム タグ 各種イベント

タグ: 各種イベント

「食の未来 ともに創る」 “食とスポーツ”に焦点 ニッポンハムグループ展示会

「2020ニッポンハムグループ展示会」が16、17の両日、幕張メッセで開催された。23、24日に開催する大阪会場と合わせ、得意先や個人株主、就職希望学生など約1万4千500人の来場を見込んでいる。昨年に引き続き「食の未来 ともに創る」をテーマに開催。企業メッセージゾーンでは「食とスポーツ」に焦点を当て、健康社会の実現に向けた取り組みを紹介。

カゴメ、業務用にベジタブル展示会 ヴィーガンへ「野菜だし」 一般にも広がる「肉・魚抜き」

カゴメは16、17の両日、東京・秋葉原のアキバ・スクエアで業務用食品の展示会「ベジタブル・ソリューション」を開催した。同展は東京を皮切りに全国7会場で実施。最終日は3月26日の札幌会場。

カレー粉のブレンド体験も 「カレーの日」前にイベント ヱスビー食品

エスビー食品は、1月22日の「カレーの日」に向け、12日に東京都中央区の同社八丁堀ハーブテラスで、メンバー制クラブ「スパイス&ハーブクラブ」の「カレーの日特別イベント」を開いた。

ベジミートの提案強化 植物性食を自由に楽しく 伊藤忠食品

伊藤忠食品はヘルス&ビューティー分野の新機軸として、植物性由来のベジミートの提案を強化する。14日に東京本社でメディア向け「ベジミート試食会」を開催。22、23日にポートメッセなごやで開かれる東海営業本部展示会でも、ベジミートの取り組みを披露する。

「つけてみそかけてみそに合う日本酒」名古屋三越でお披露目会 金虎酒造×ナカモ

名古屋の蔵元・金虎酒造(名古屋市北区)は、地元みそメーカーのナカモ(愛知県清須市)とコラボした「つけてみそかけてみそに合う日本酒」(720㎖、税込1千540円)の新発売&お披露目会を8~14日に名古屋三越栄店で実施した。

持続可能な成長誓う 東京で酒類食料品賀詞交歓会 260社900余人が参加

酒類・食品メーカーならびに主要卸で構成する酒類食料品業懇話会は6日、東京・ロイヤルパークホテルで恒例の新年賀詞交歓会を開催。メーカー、卸のトップら260社、約900人が出席した。あいさつした國分勘兵衛・国分グループ本社会長兼CEOは「東京五輪・パラリンピック大会の開幕まで200日となった。

ハラル・ジャパン協会報告会 19年のビジネスを総括

ハラル・ジャパン協会は19日、都内の明治大学駿河台キャンパスで「ハラルビジネス報告会2019」を開催、食品、健康食品、化粧品メーカーなどから80人以上が参加。今年のハラルビジネスの総括をテーマにインバウンドや輸出、人材などの観点から現状と今後の方向性を探る内容。

きのこ党大勝利! 「国民とワンチームに」松本潤党首 きのこたけのこ総選挙

明治が8月から行っていた「きのこの山・たけのこの里国民総選挙2019」の結果が17日、新宿パークホテルで松本潤、三輪明宏の両党首を招き発表された。新きのこ党が145万6千187票差で勝利した。

「麒麟がくる」がくる! 来年大河は岐阜が舞台 光秀ゆかりの土産物などアピール

岐阜県と8市町の自治体や観光協会らで構成する「岐阜県大河ドラマ『麒麟がくる』推進協議会」は19日、岐阜市のじゅうろくプラザで「岐阜の魅力お披露目大会」を開催した。明智光秀にちなんだ土産用の菓子・酒、グルメなど536商品が並び、関係者や地元企業など約280人に披露された。

R-1ヨーグルトでがんばる受験生を応援 明治

2020年の正月3が日、湯島駅(東京都千代田区)近郊に「霊長類最強のパワースボット」が誕生!?明治は、100%大吉のおみくじ付きR-1を1日1万本無料で提供する自動販売機を1月1日から3日まで、湯島駅近郊に6台設置する。
SALT&SEAWATER SCIENCE SEMINAR2019 塩事業センター海水総合研究所

次世代の塩づくり新技術発表 塩事業センター海水総合研究所

塩事業センター海水総合研究所(神奈川県小田原市、吉川直人所長)は6日、「SALT&SEAWATER SCIENCE SEMINAR2019」を開催。「塩づくりの未来を支える次世代イオン交換膜」をテーマに講演会を実施した。

うま味調味料使い郷土料理コンテスト 優勝は愛知「五平餅」

日本うま味調味料協会は14日、川崎の味の素グループうま味体験館で第4回「うま味調味料活用!郷土料理コンテスト(減塩)」の表彰式を開催した。これは、うま味調味料の価値を正しく理解してもらい、地域文化や郷土料理の伝承を目的に2016年から開催しており、

大阪で海外輸出セミナー 短期間で販路の開拓を

食品新聞社主催の「海外輸出セミナー」が16日、大阪本社(大阪市北区)で開かれた。グローバルセールス(千葉市)の山崎次郎社長が「短期間で輸出体制を構築し、海外の販路開拓に取組む方法」をテーマに講演。

カナダビーフ×液体塩こうじ 一つ星シェフが実演 ハナマルキ

ハナマルキは先頃、東京ベイ・クルージングレストランシンフォニーで開催された全日本司厨士協会東京地方本部主催の「ルイック ルバイシェフによるカナダビーフ×ハナマルキ液体塩こうじ賞味会」に協力した。ルバイシェフが「液体塩こうじ」を使い、カナダビーフやオマール海老など素材の力を引き出したメニューを紹介した。

ベルギーから“友情のビール” 東京・丸の内で体験イベント 湘南貿易

ノンアルコールワインの輸入・販売で首位を走るとみられる湘南貿易は、今年からベルギービール「ビアー・デザミ」の取り扱いを始めており、12月13日までの間、東京・丸の内でキャンペーンも行っている。

タイで「液体塩こうじ」の料理教室 ハナマルキ

ハナマルキは先頃、「液体塩こうじ」を使った料理を学ぶことができるクッキングレッスン「ハナマルキッチン2019」をタイで開催した。この「ハナマルキッチン」は「液体塩こうじ」のメリットを体感できる料理教室で、今回が海外初開催となった。

「青の洞窟SHIBUYA」点灯開始 公園通りは1月14日まで

冬のイルミネーションイベント「青の洞窟 SHIBUYA」が、11月29日から始まった。同イベントは2014年に東京・中目黒で「Nakameguro 青の洞窟」として初開催。16年には渋谷に場所を変更して復活し、18年には約280万人が訪れた。渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木まで約60万球の電飾が青色の幻想的な世界を創出する。

乳酸菌PA-3株 最新の研究成果を発表 明治

明治は11月29日、「痛風のみならず、腎臓病、高血圧、心疾患、脳血管障害…を引き起こす 疾病リスクマーカーとして注目すべき尿酸値に関する新知見」と題するメディア向けセミナーを都内で開催した。

銀座で寿司×クラフトビールフェス ペアリング実験の第9弾 スプリングバレーブルワリー

キリンビール傘下のクラフトビール会社であるスプリングバレーブルワリー(SVB)は、グルメ回転寿司2社と協働して、新たな和食文化の創造を目指す「寿司×クラフトビールフェス~祭りだ!祭りだ!紅白寿司合戦~」を11月30日、12月1日の2日間にわたって、東京・銀座の直営店BEER TO GO(BTG)で開いた。

「ソイオイルマイスター」を表彰 大豆油のアンバサダーに アメリカ大豆協会

アメリカ大豆輸出協会(日本事務所・西村允之代表、以下USSEC)は11月19日、都内で「第3回ソイオイルマイスター検定」表彰式を開催した。今年度のソイオイルマイスター検定は製油メーカー、油脂加工メーカー、食品メーカー、商社・卸、レストラン・ホテル関係者、豆腐マイスター有資格者など126人が応募。
- Advertisement -

ロングランアクセス