2020 / 02 / 27 木曜日
ホーム タグ 不二製油

タグ: 不二製油

訪日外国人 4千万人時代 転機迎えた食品、消費形態

7か月後に迫った東京オリンピック・パラリンピックをきっかけに訪日外国人の増加が見込まれる2020年。これを契機に日本の食品や外食、それに消費形態や企業の取り組みに大きな転機が訪れそうだ。五輪のテーマの一つである「多様化と調和」は、多彩な形で食品にも再現され、新たな食文化を形成。その根底として、企業のSDGs(持続可能な開発目標)対応も求められている。

豆乳ヨーグルトができるまで 豆乳づくりから磨く手間暇かけた製造法 ポッカサッポロ群馬工場

豆乳ヨーグルトのもととなる原豆乳を製造するに当たって、大豆を水に浸してやわらかくなったものを石臼で挽くのが一般的なやり方であるが、ポッカサッポロフード&ビバレッジの群馬工場では青臭さや大豆臭が少ないクリアー味わいや口あたりのよい食感を追求し、一般的なやり方よりも多くの工程を踏むおいしさ丁寧搾り製法を採用している。

急がれる「ヴィーガン」対応 ホテル・レストラン向け 訪日外国人の急増で

世界的にヴィーガンやベジタリアンの波が押し寄せる中、来年の東京オリンピック・パラリンピックを控え国内の食品企業や外食企業がその対応を急いでいる。ヴィーガンは絶対菜食主義、ベジタリアンは完全菜食主義とも言われ、欧米諸国を中心にそのライフスタイルは着実に増えている。

食品大手 売上堅調も増益8社のみ コスト増、減損など影響 前期業績

19年3月期売上高上位20社(非上場除く)の連結業績は、増収16社、増益8社で、増収増益は7社だった。売上げは順調に伸びたが、原価高をはじめとするコスト増や減損損失計上などが響き、減益は18年3月期の7社から12社に増加。

台風21号 不二製油阪南事業所被災 明治関西工場は被害なし

台風21号による関西国際空港の被災が大きく伝えられたが、食品関連メーカーでは大阪府泉佐野市に立地する不二製油阪南事業所の一部生産工場と近隣の委託倉庫部が被災。一部工場建屋の損壊、保管している商品の一部に水漏れなどの被害が発生した。不二製油グループ本社が5日発表した。

関心集まる大豆ミート インバウンドも後押し

東京五輪を前に「大豆ミート」への関心が強まっている。原料の大豆を加工し、食感だけでなく形状も肉に似せた大豆ミートは、これまではベジタリアン、ハラル向けだったが、ここにきて高タンパク低糖質、グルテンフリーなどの特徴を持つ“代換え肉”のダイエット食材として需要が増加している。

大阪北部地震 一部メーカー被災も製配販への影響は限定的

18日朝に起こった大阪北部を震源とする地震では、食品産業界でも一部メーカーの工場が被災。小売店や外食店も当日の営業を取りやめるなど一時的な影響が出たものの、地震の大きさに比べ、製配販への影響は限定的だった。

不二製油 30店で「ソイタリアン」フェア 大豆生まれのチーズ風新素材

不二製油グループ本社はこのほど、大豆から生まれたチーズのような新素材を使ったイタリアン「ソイタリアン」を提案するシェフの団体と共同で、「ソイタリアン」フェアの発表会および試食会を開催した。

「イタリア料理の日」 シェフ自ら腕を振るう 愛好者150人が堪能

イタリア料理シェフの団体である日本イタリア料理協会(落合努会長、ラ・ベットラ・ダ・オチアイ)はこのほど、東京都千代田区有楽町の日本外国特派員協会で「イタリア料理の日」を記念し、料理愛好者など約150人を招いてイベントを開催。
- Advertisement -

ロングランアクセス