2020 / 02 / 18 火曜日
ホーム タグ クリスマス

タグ: クリスマス

クリスマスの乾杯飲料「シャンメリー」 渋谷ロフトなど11店で販売

クリスマスの乾杯飲料として知られる「シャンメリー」は全国シャンメリー協同組合の登録商標で組合に加盟する全国の中小企業がクリスマスに向けて製造する炭酸飲料。360㎖ガラス瓶と「ポン」という開栓音のするキャップが特徴で子供用のイメージが強いが、世代を超えて家族で楽しめるノンアルコール飲料としても適している。

旬の「ちこり」出荷最盛期 レストランで料理も提供 サラダコスモ「ちこり村」

サラダコスモ(岐阜県中津川市、中田智洋社長)が運営するちこり村で、ヨーロッパ原産の野菜「ちこり」が出荷の最盛期を迎えている。同社の出荷量は日本一で、年間約150万本を全国に出荷。ボジョレーヌーボーの解禁、クリスマスなどがある11月から12月にかけて出荷量が大幅に増加。12月は1年で最も多い1か月17万本を生産している。

クリスマスに「シードル」を 上方修正目標達成見込む メルシャン

昨年、今年は踊り場の感がある国内ワイン市場だが、中長期的には伸長が続くとの見方が大半だ。ただ、購入者の飲用は増えるものの、購入者自体は大きく広がらず、間口拡大が課題とされている。間口が広がらない背景として「敷居の高さ」が指摘されている。

業界の知恵が試される

11月は後半を中心に販促テーマになる生活催事が目白押しだった。定番は七五三(15日)やボージョレ・ヌーボー解禁(21日)だが、いい夫婦の日(22日)や和食の日(24日)あたりも定番化しつつある。

ボージョレ・ヌーヴォー「まだ健在」アピール 話題喚起へ各社がイベント

今年のボージョレ・ヌーヴォーは21日に解禁、輸入大手各社がイベントなどを開いた。輸入量は04年にピークを迎え100万箱を超えたがその後下落傾向に転じ、今年は40万箱前後とみられる。フランス本国でもダウントレンド。

職場の忘年会 「行きたい人」は3分の1以下

クリスマスに忘年会、そして新年会といよいよ飲み会シーズン到来だ。今年は新元号令和や大型台風、消費増税、ラグビーのワールドカップなど飲み会の話題は尽きないはずが、飲む相手や人数によって話題や予算に大きな違いがあるようだ。

消費増税後初の歳暮商戦 「一体資産」適用の商品も 松屋銀座で開幕

松屋銀座は11月8日に歳暮ギフトセンターを開設し、商戦をスタートする。消費増税後初のギフト商戦だが、税率10%の外食に対して食品ギフトは軽減税率の対象となるため外食から内食へのシフトが起きると予測。

『青の洞窟SHIBUYA』presents “X’mas LOVE SYMPHONY”を開催 22日-24日のクリスマス限定

日清フーズが特別協賛するイルミネーションイベント『青の洞窟SHIBUYA』では22日-24日の3日間、クリスマス特別イベント『青の洞窟SHIBUYA』presents”X’mas LOVE SYMPHONYを開催する。

コカ・コーラ“リボンボトル”3年目 女性の需要発掘に貢献

3年目を迎えた「コカ・コーラ」の“リボンボトル”が、このクリスマスシーズンも好調だ。コカ・コーラシステムでは、今年はギフトラッピングをイメージした36種類のデザインのリボンボトル3製品(「コカ・コーラ」「同 ゼロ」「同 ゼロカフェイン」)を10月29日から発売中。

ゴルゴ13×オイルサーディンで「ゴルゴサーディン」 はごろもフーズ

はごろもフーズは、オイルサーディン缶詰「はごろも&キングオスカー オイルサーディン」と、今年11月に連載50周年を迎える大人気劇画「ゴルゴ13」がコラボレーションしたプロモーション企画を展開する。

百貨店は“個”に着眼

百貨店の売場が面白い。東武百貨店池袋店ではセレクトショップ「OYATSU table」を開設し、季節に応じた約400品を販売している。テーマは“おしゃれ”“小分け”。かつての百貨店で考えられなかったコンセプトである

餃子とシャンパン

昨日はクリスマス・イヴ。家族でケーキを囲み、子供の枕もとにそっとプレゼントを置く。そんな夜を過ごす家庭は今どれくらいあるのだろう。ケーキとご馳走とプレゼント。シャンパン風ジュースをグラスに注ぎ大人の真似をしていた、我が家の在りし日の情景が目に浮かぶ

生活催事に向けて需要創造

個人消費は緩やかに回復しているものの、消費者の節約・低価格志向は根強い。消費の二極化は進んでいるが、食品関連市場を取り巻く環境は不透明な状況が続いている。当面はこの状況が続いていくと考えざるを得ない。

から揚げ活性化狙い施策 「ハンマーチキン」今冬も 味の素冷凍食品

今年度の冷凍唐揚げ市場は各社の積極的な商品投入などから購入率が上がり前年比2ケタ増と大きく伸長。市場を広げてきた味の素冷凍食品は今秋も施策を展開し市場の活性化を図る。
山星屋 催事内見会 大阪マーチャンダイズマート

山星屋が催事内見会 イースターなど盛り上げる

山星屋は3日、大阪マーチャンダイズマート(大阪市中央区)で催事内見会を開催し、来場した約700人の有力取引先に対してバレンタインやイースターなどイベント商戦向けの提案やPB商品の紹介を行った

サントリーのクリスマス 3つのキーでシーン提案

年末の大イベントであるクリスマスについて、サントリーは3つのキーワードから活動を展開する。
- Advertisement -

ロングランアクセス