2020 / 04 / 06 月曜日
ホーム タグ イオン

タグ: イオン

イオン初、再生可能エネルギー100%使用の店舗 スーパーで世界初の実証実験も

イオンは24日、2つの商業施設でイオン初となる使用電力の100%を再生可能エネルギーで賄う店舗として運営開始すると発表した。

惣菜売場は旧店の2倍 冷凍食品も徹底強化 地域に根ざしたイオンスタイル戸塚

イオンリテールは13日、イオンスタイル戸塚(横浜市戸塚区)をグランドオープンした。同店は、1972年にオープンしたダイエー戸塚店と、その後生まれ変わったイオン戸塚店が前身。今回「地域の皆さまがいつでも立ち寄りたくなる店舗」をコンセプトに建物、商品、サービスの全てを刷新した。

イオン、4月から全売場でレジ袋無料配布終了 有料レジ袋の環境配慮も推進

イオンは4月1日から食品に加えて衣料品や暮らしの品を含む直営全売場でレジ袋の無料配布を終了する。対象店舗はイオン、イオンスタイル、イオンスーパーセンターなど全801店舗。

激動の小売業界 地図なき時代へ

ビッグニュースが新年早々飛び込んできた。岡田元也イオン社長が3月1日付で会長に就任することが発表されたこと。小売業を取り巻く環境は、21世紀に入ってからの20年間で激変した。かつて西のダイエー、東の西友と呼ばれた両雄はそれぞれ競合他社の傘下となり、マイカルは消滅。

中四国小売業界 地域スーパーめぐり陣取合戦 フジが広島のニチエーを子会社化

中四国地方の小売業界でスーパーマーケットの再編が加速している。フジ(松山市)は14日、広島県福山市に本社を置くニチエーを子会社化すると発表。スーパー11店舗と生鮮加工施設、従業員を引き継ぐ。昨年11月にはイズミ(広島市)が香川県のスーパー、マルヨシセンターと資本業務提携した。

アジアの食品流通事情 食品輸出実務と実践塾⑬ グローバルセールス 山崎次郎氏

食品を世界で広く売るには、食品添加物のグローバル対応をしておく必要がある。営業先は国内の食品輸出商社か海外のディストリビューターとなるが、国内で大手食品輸出商社に営業する際には、どんな商品でも商品登録前に使用添加物を確認される。

イオン 新社長に吉田昭夫氏 岡田元也社長は取締役兼代表執行役会長へ

イオンのトップ交代人事が10日開催された取締役会で決議された。現・代表執行役副社長ディベロッパー事業担当兼デジタル事業担当の吉田昭夫氏が代表執行役社長に就任し、現・取締役兼代表執行役社長の岡田元也氏は取締役兼代表執行役会長グループCEOに就任する。3月1日付。

アジアの食品流通事情 食品輸出実務と実践塾⑪ グローバルセールス 山崎次郎氏

食品メーカーが本格的に海外展開することを考えると、過去の食品輸出の歴史を知っておく必要がある。食品メーカーの海外展開の歴史はある意味、キッコーマンの海外展開の歴史と言える。キッコーマンの取り組みは書籍になっており、ネット上で記事にもなっているため、ぜひ確認していただきたい。

2030年までに食品廃棄物半減を イオン、メーカーなど21社と恊働

イオンは11日、世界各地の小売企業などとともに参画する「10×20×30 食品廃棄物削減 イニシアティブ」の日本プロジェクトを国内の食品メーカーなど21社とともに始動した=写真。イオンと21社が一体となり、2030年までに食品廃棄物の半減という目標に取り組む。

「イオン東北」誕生で小売三つ巴の激戦区に 人口減少進む東北エリア、競合激化必至

マックスバリュ東北とイオンリテール東北カンパニーによる新会社「イオン東北」が来年3月1日、店舗数157店、売上高2千億円規模で誕生する。東北エリアは、南東北を地盤とするヨークベニマル、北東北を地盤とするアークスグループ(ユニバース、ベルジョイス)がしのぎを削っているが、イオン東北の誕生により三つ巴の激戦区となる見通しだ。

「イオンタウン四日市泊」グランドオープン 年間750万人の来客見込む MV東海、統合後初の新店

イオンは11月16日、三重県四日市市に商業施設「イオンタウン四日市泊」をグランドオープンした。核店舗の「マックスバリュ(MV)四日市泊店」は、MV東海・中部の統合後、初めての新店。専門店では、大型ホームセンターや家電量販店、キッズ用品など108店舗が出店した。

イオン、英オカド社と提携 ネットスーパー大改革へ 岡田元也社長語る

イオンは11月29日、英国のネットスーパー企業「Ocado Group plc」(本社ロンドン、ティム・スタイナーCEO)の子会社「Ocado Solutions」(本社ロンドン、ルーク・ジェンセンCEO)と日本国内における独占パートナーシップ契約締結を発表(既報)した。岡田元也代表執行役社長が今回の提携の狙いなどについて語った。

次世代ネットSMへ 英国企業と戦略的提携 イオン

イオンは英国のネットスーパー企業「Ocado Group plc」(本社ロンドン、ティム・スタイナーCEO)の子会社「Ocado Solutions」(本社ロンドン、ルーク・ジェンセンCEO)と日本国内における独占パートナーシップ契約を締結した。

イズミがマルヨシと提携 経営環境厳しい四国、DgSとの競争力強化

イズミは12日、香川県のスーパー、マルヨシセンターとの資本業務提携を発表した。四国地方では地元企業と域外の大手資本が手を組む場面が増えており、小売業が単独で生き残るのが困難になっている。

カゴメ かながわ学校給食夢コンテスト 受賞作品、富士シティオで商品化

カゴメは、昨年4月に神奈川県と包括協定を締結し、その一環として今年6月から「野菜摂取促進策2019」の施策である「かながわ学校給食夢コンテスト」を実施。その表彰式が10月27日に神奈川県歯科医師会館で開催された。

写真投稿で「給食」を 「おにぎりアクション」 NPO、企業が連携

日本発で世界の食料問題の解決に取り組む特定非営利法人(NPO法人)のTABLE FOR TWO International(以下TFT)は、日本の食「おにぎり」をシンボルに、開発途上国の子供たちに給食を届ける取り組み「おにぎりアクション2019」を7日から始めた。日米合計約50の企業、自治体と連携し、11月20日まで実施する。

ギリシャヨーグルト 中大容量商品が登場 価値訴求で市場拡大なるか

「数年後には300億円市場も期待できる」(メーカー)とされ、機能性ヨーグルトとともに市場の牽引役が期待されたギリシャ(水切り)ヨーグルトは、その潜在的な成長性とは裏腹に市場がシュリンクしている。

台風15号で被災の千葉県 イオン、復旧・支援活動に尽力

9日午前、強い勢力を保って関東を縦断した台風15号で千葉県では一時約64万軒が停電し、1週間を過ぎた21日15時現在でも約4千300軒で停電が続いていた(東京電力パワーグリット調べ)。千葉県に本社を構えるイオングループは、復旧と支援活動に取り組んでいる。

増税にらみ内食需要喚起 「トップバリュ」冷凍ミールキット拡充

イオンは消費増税で消費者の購買行動やライフスタイルに大きく変わり内食需要が高まると予想。こうした見立てのもと、18日、水、油、調味料を必要としない冷凍ミールキット「トップバリュ フローズンCooKit(クッキット)」シリーズから新商品6品を新発売した。
- Advertisement -

ロングランアクセス