2020 / 01 / 29 水曜日
ホーム タグ アサヒ飲料

タグ: アサヒ飲料

アサヒ飲料、炭酸カテゴリーを強化 主要ブランド軸足に1億ケース目標

アサヒ飲料は今期(12月期)、「三ツ矢」「ウィルキンソン」など主要ブランドを中心に炭酸カテゴリーを強化していく方針を明らかにした。これについて20日、都内で事業方針説明会に臨んだ岸上克彦社長は「アサヒ飲料の顔としてのお客さまにご理解いただけるカテゴリーを考えた。

飲料 供給体制を強化 台風・豪雨など予測できない天災に備え

飲料各社が供給体制を強化している。台風や豪雨の大型化や天災の予測もしないエリアへの襲来が、その背景にある。一方で、上昇し続ける物流コストを抑制する狙いもある。

発酵にタンパク質を吸収しやすくする働き 小学生に「カルピスこども乳酸菌研究所」の出前授業 アサヒ飲料

アサヒ飲料は、発酵という自然製法からつくり出された「カルピス」を題材に日本文化に根づいた発酵の仕組みや乳酸菌の働きについて紹介し、子供たちの知的好奇心を引き出す小学4~6年生を対象にした出前授業を実施している。出前授業は07年にスタートし13年から「カルピスこども乳酸菌研究所」のタイトルを掲げて展開。

アサヒ飲料 17年連続成長へ猛ダッシュ 「ウィルキンソン」破竹の勢い

アサヒ飲料は目下、17年連続の販売数量増を目指して追い込みをかけている。1-11月累計の飲料販売実績は前年同期比1%減で、現在、前年超えへと向かいつつあるという。11日、取材に応じた岸上克彦社長は、まず今年の市場環境について

中高生の微生物研究を助成 「カルピス」100周年記念事業 アサヒ飲料

アサヒ飲料は「カルピス」ブランド100周年を記念した施策として、中高生が行う乳酸菌などの微生物を使った研究を助成・応援した。「カルピス」は、「カルピス」生みの親である三島海雲氏が「おいしくて、体によい飲み物をつくって人々の役に立ちたい」との思いから乳酸菌研究に挑んで開発されたもの。

水の大切さ啓発する授業 アサヒ飲料が地球環境保全へ取り組み

アサヒ飲料九州支社(福岡市博多区、上畑多弘支社長)は11月21日、北九州市小倉北区の今町小学校5年1組27名の児童に向けて「三ツ矢サイダー」を題材とした小学校向け出前授業「『三ツ矢サイダー』水の未来と環境教室~こどもSDGsスクール~」を開催した。

水の大切さを啓発 「三ツ矢サイダー」の出前授業 アサヒ飲料

「世界76億人の約4人に1人は安全な水を安心して飲むことができない」――。小学校で水の大切さをこう訴えるのは出前授業で講師役を務めるアサヒ飲料の正重高志コーポレートコミュニケーション部CSV推進グループ統括課長。

ミャンマー 日本の食品企業誘致進む 生産拠点、消費市場として魅力

アジアで残された最後のフロンティアとして注目されているミャンマー。2011年の民政移管後、急ピッチで民主化、経済改革が進められており、多くのビジネスチャンスが生まれようとしている。低賃金で良質な労働力があり、生産拠点及び消費市場としても魅力があるとされ、日本の食品、飲料企業の誘致が活発化しようとしている。

「朝食×歩く」官民で推進 スポーツ庁とアサヒ飲料・アシックス・東急が連携

「歩く」を入り口にビジネスパーソンを中心とした国民の健康増進を目指すスポーツ庁の官民連携プロジェクト「FUN+WALK PROJECT」では10月を強化月間と定めさまざまな施策を実施している。

「ワンダ」ルパン三世とコラボ 商品・広告・販促の三位一体でブランドを磨く アサヒ飲料

アサヒ飲料は「ワンダ」ブランドで「今だけのルパンWONDA」キャンペーンを展開し、商品と広告・キャンペーンとの連動を強めてブランドに磨きをかけていく。「ルパン三世」の作品は「ワンダ」のメーンターゲットである40~50代の男性と親和性があると同社は判断。

缶コーヒー 努力実り回復の兆し 泡立ち、コラボ缶、原点回帰など多彩に

飲料全体の中で大きなボリュームを占めているショート缶をテコ入れする。ショート缶については、上位ブランドがコミュニケーションを弛まず続けてきたことが奏功した模様。最近ではペットボトル(PET)に流出したユーザーが戻るなど下げ止まりの兆候も見られ、潮目が変わる可能性も出てきた。

コーヒー派or紅茶派 “ミルクリッチ飲料”が沸騰

日本コカ・コーラの新田祐一郎マーケティング本部コーヒーグループグループマネジャーは「ジョージア ジャパンクラフトマン カフェラテ」を含むラテ系PETの販売動向について「ラテは他社からミルクティーが出されたときに一番影響を受けた。

こども食堂に244万円を寄付 アサヒ飲料中部北陸支社、赤い羽根通じ中部5県・15施設に

アサヒ飲料中部北陸支社(佐藤康彦支社長)は7月30日、「三ツ矢」「カルピス」ブランドの売上げの一部244万円を、中央共同募金会(赤い羽根共同募金)を通じて事業管轄エリア5県の「こども食堂」15か所に寄付した。同日、佐藤支社長、愛知県共同募金会・溝口正己常務理事、「よつ葉こども食堂」管理者・伊豆田眞也氏らが出席し、目録贈呈式が執り行われた。

「カルピス」初の見学施設 「五感で体験」重視 アサヒ飲料・岸上社長

アサヒ飲料は23日、群馬工場で「カルピス」初の常設見学施設(群馬県館林市大新田町166)の竣工式を執り行い、来賓やメディアに向けて同施設を公開した。一般公開は10月1日から。見学の予約は7月24日から専用サイトで受け付け開始している。

「アサヒ飲料=健康基軸」アピールへ カテゴリー横断し共通成分配合

アサヒ飲料は、共通の機能性関与成分を主要ブランド含む複数のカテゴリーに配合してシリーズ展開する新手法を用いて健康領域の取り組みを加速させる。健康価値を付加して各主要ブランドに磨きをかけることと、シリーズ化のインパクトで企業の健康イメージを高めるのが狙い。

カルピス100周年で明石市に寄付金 アサヒ飲料

アサヒ飲料の岸上克彦社長は10日、明石市の泉房穂市長を表敬訪問した。同社の「カルピス」ブランド100周年と明石市市制施行100周年を記念して、明石市立天文科学館に100万円を贈呈。明石市から同社に感謝状が贈られた。

七夕に100歳迎えた「カルピス」 社員1400人、全国500店で感謝

1919年7月7日の七夕の日に発売された「カルピス」が発売100周年を迎えた。長年の消費者への感謝の意を込めて、アサヒ飲料は、恒例の量販店での社員による試飲販売会を強化して全国展開した

「カルピス」屋形船が航走 100周年機に業務用でも露出拡大

アサヒ飲料は、7月7日の七夕に発売100周年を迎える「カルピス」ブランドを活用した飲食店向け施策を強化し100周年の認知向上と「カルピス」ブランドの飲用機会拡大を図る。

海洋プラごみゼロへ 飲料業界がクリーンアクション

飲み終わったペットボトル(PET)は、正しい方法で分別回収されれば再びPETあるいは他のプラスチック素材に生まれ変わる――。市場に出回る約60万tのPETは現在、ともに高い回収率(92.2%)とリサイクル率(84.8%)で循環しているが、その規模の大きさから、

次の100年へ 世界見据えブランド磨く 「カルピス」100周年 アサヒ飲料岸上社長に聞く⑤

旧カルピス社在籍時、アサヒ飲料の岸上克彦社長は青天の霹靂の思いを二度経験する。一度目は、旧カルピス社が第三者割当増資を実施し、これを味の素社が引き受け筆頭株主になった1990年。二度目は、旧カルピスの全株式が味の素社からアサヒグループホールディングスに譲渡された2012年となる。
- Advertisement -

ロングランアクセス