2020 / 02 / 29 土曜日
ホーム タグ たつの市

タグ: たつの市

これが“究極のそうめん”だ! ひと束500円、茹で方講習会付き

価格は通常の手延べそうめんの10倍に近い1束500円。購入するためには講習会の受講が必須。日本一ハードルが高い手延べそうめん「手延べ和麺 小神(おがみ)」が登場した。

大神神社建立120周年記念祭 地元生徒の絵馬も奉納 兵庫県手延素麺協同組合

兵庫県手延素麺協同組合は11日、「大神神社 本殿建立120周年記念祭」をたつの市で催した。大神神社はそうめん発祥地とされる三輪の大和国一之宮大神神社の分祀として、明治2年の1869年に建立。

常温惣菜が好スタート 新たなニーズ開拓 ブンセン

ブンセン(兵庫県たつの市)が11月に発売した、常温の小袋惣菜シリーズが好スタートを切っている。その主な理由は、保存食としての新たなニーズに合致したこと、常温の扱いやすさという2点だ。

「山椒の会」 放棄田対策でブンセン、地元生産者と地域活性化へ

ブンセン(兵庫県たつの市)は地元の個人農家や営農組織など20数組の生産者と「ぴりはりま山椒の会」を結成。このほど第1回目の総会を開いた。『ぴりはりま』は播磨産山椒の中でも、決められた条件下で育てられたものにのみ与えられる名称で、専用農園で育てられ一房ずつ手摘みで収穫される。

イトメン「チャンポンめん」キャンペーン SNS効果で過去最大の応募数

イトメンは6日、兵庫県たつの市の本社社屋で「チャンポンめん」クローズドキャンペーンの抽選会を実施した。抽選会には伊藤充弘社長をはじめとした同社役員と社員が、集まったはがきの中から当選者を確定した。

「ミス揖保乃糸」披露 兵庫県手延素麺協組が大神神社例祭

兵庫県手延素麺協同組合は12日、恒例の大神神社例祭をたつの市で催した。昨秋から今春までの生産が一段落する時期に、組合員の労をねぎらい毎年開催する。揖保乃糸資料館「そうめんの里」で、新しいミス揖保乃糸のお披露目式や麺機展示会、そうめん流しなどを催し、組合員とその家族で賑わった。

ロングセラー「アラ!」に要冷タイプ 佃煮の“惣菜化”進める

ブンセン(兵庫県たつの市)はロングセラーの海苔佃煮「アラ!」に、チルドの新製品「生アラ!」を投入した。原料である国産あおさ(ヒトエグサ)の風味を残すため薄味にし、新海苔の鮮やかな色目を生かすように仕上げた。
- Advertisement -

ロングランアクセス