カレー組合 新理事長にハウス・浦上氏

全日本カレー工業協同組合は5月31日開催の通常総会を経て新体制を発足させた。理事長に浦上博史ハウスグループ本社社長が、副理事長に江崎勝久(江崎グリコ)、池村和也(エスビー食品)、森村憲二(平和食品工業)の3氏が就任した。

浦上新理事長は総会後のパーティーで「日本のカレーはかなりポテンシャルがある」としたうえで、ラーメンと比較しながら「カレーは文化と絡んでくるため、一つ一つていねいに市場を作っていかないといけないが、それだけにやりがいがあるのではないか」と指摘。「皆さんで力を合わせて日本のカレーを世界に広げていければいいと思っている」と語った。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日