にんべん 「物販」「惣菜」併設の新店舗 東武百貨店池袋店に

にんべんは3月28日、東京・池袋の「にんべん東武百貨店池袋店」をリニューアルオープンした。旧店舗を移転し、鰹節専門店「にんべん」に、だしの惣菜専門店「一汁旬菜 日本橋だし場」を併設した。新しいタイプの店舗を展開する。

新店舗の店舗面積は12・7坪。物販で約100品、惣菜で計20品(弁当7品、惣菜13品)を取り扱う。営業時間は午前10時~午後8時。年間売上目標として物販6千万円、惣菜3千万円の計9千万円を目指す。特に物販と惣菜の相乗効果に期待を寄せる。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日