ピエトロのサラダとパスタ 「お弁当・ お惣菜大賞」でW受賞

ピエトロが運営するサラダボウルとサラダパスタがメーンの業態「PIETRO MIOMIO(ピエトロ ミオミオ)」の2品は一般社団法人全国スーパーマーケット協会主催デリカテッセン・トレードショー主催者企画「お弁当・お惣菜大賞2024」において最優秀賞と優秀賞を受賞した。

この「お弁当・お惣菜大賞」はスーパーマーケットや専門店、コンビニエンスストアなどで実際に販売している数多くの商品を弁当部門、惣菜部門、サラダ部門、麺部門など11部門の中から、食の専門家で構成された審査員により特に優れた商品を選出し表彰するプログラム。13回目の開催となる本年度は1万4千992品の応募総数の中から最優秀賞、優秀賞、特別賞、入選などが選出された。

メニューを開発した高倉茉由氏(ピエトロ) - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
メニューを開発した高倉茉由氏(ピエトロ)

今回サラダ部門で最優秀賞を受賞した「サラダチキンとフレッシュアボカドとソイスナック」は、野菜を存分に楽しみたい方にぴったりのサラダボウル。たっぷりの野菜に卵やサラダチキン、大豆ミートでつくるソイスナックを合わせ、栄養バランスをはじめ色鮮やかな食材による見た目の楽しさや食感にもこだわった。アボカドやデリ惣菜の調理には自社製造のピエトロドレッシングを使用。ドレッシングメーカーならではのオリジナルな味わいを追求したヘルシーながらも食べごたえのある一品。

同じく麺部門で優秀賞を受賞した「博多辛子明太子と蒸し鶏のサラダパスタ」(福岡大名ガーデンシティ店の限定メニュー)はもちもちした食感が特長の平麺リングイネに、博多名物の辛子明太子と福岡を代表するはかた地どりを合わせたサラダパスタ。数種類の野菜を使ったデリや蒸し鶏やパスタをバランス良く組み合わせたさわやかな青じそがアクセントのボリューム感ある一皿となっている。

麺部門 優秀賞「博多辛子明太子と蒸し鶏のサラダパスタ」(お弁当・お惣菜大賞2024) - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
麺部門 優秀賞「博多辛子明太子と蒸し鶏のサラダパスタ」(お弁当・お惣菜大賞2024)

メニュー開発担当の高倉茉由さんは「サラダでお腹いっぱいになってほしいという想いを込めて、野菜・たんぱく質などをバランスよく楽しめるだけでなく、見た目も楽しく、皆さんの心も身体も満足できるサラダを開発した。『ピエトロはいつ食べてもおいしい』と安心感のあるおいしさを常にお届けできるよう、今後も商品開発に邁進していきたい」と意気込みを語っている。

 - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)