中村屋 カレーなど無料提供 大阪で期間限定展開

東京都新宿区に本社を置く中村屋は10月18~21日までの4日間、大阪のカフェで「新宿中村屋無料スパイス料理レストラン」を期間限定で開設し、レトルト食品「麻婆豆腐の素」「インドカリー」2千500食を無料で提供した。売上高の7割が首都圏の同社は「まずは大阪から全国に向けての取り組みを強化していく」としている。

今回の企画は、レトルト「麻婆豆腐の素」発売20周年の一環で実施した。会場は大阪市北区中崎西の「ハロルドカフェ」で、消費者はアンケートの回答で「本格四川コクと旨味、ひろがる麻婆豆腐」と、伝統のインドカリーをもとに開発した「インドカリー ビーフスパイシー」をそれぞれ無料で味わえる。

同社のレトルト商品は、「レストランの味をご家庭で」がコンセプトにある。商品開発は、同社レストランのシェフ経験者らが担っており、レストランの味に近づけるよう味作りをしている。

提供される商品の「麻婆豆腐」は本格四川の豊かな香りと辛さが特徴。「インドカリー」は香り高いオリジナルスパイスと具材感が堪能できる本格的レトルトカレー。同社は「食べていただければリピートいただけるのが当社商品の特徴としてつかんでいる。このような機会を増やしていきたい」としている。

EU農産品  - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)