「から揚げ」堂々の4年連続1位 「好きなおかずランキング」 年間消費量は405億個 ニチレイフーズ調べ

ニチレイフーズが実施した「全国から揚げ調査2023」によると、「鶏のから揚げ」が「好きなおかずランキング」で4年連続1位となった。23年の年間消費量は405億個と推計され、日本の人口1億2千445万人で割った1人当たりの消費量は325個にのぼる。都道府県別の食べる個数は北海道が1位(1か月間で60・6個)だった。

 全国の一般生活者1万4千96名を対象に意識・実態調査を行った。「好きなおかずランキング」は2位「焼肉」、3位「餃子」、4位「ハンバーグ」、5位「刺身」、6位「天ぷら」、7位「トンカツ」と続く。

「から揚げ」は、回答者の約9割が好意を示す(「好き」62・7%、「やや好き」24・5%)。コロナ禍の巣ごもり需要で急伸し、19年250億個から20年417億個、21年402億個、22年372億個と推移してきた。今年は直近1カ月の伸長率で「外食」が112%、「コンビニ」が111%と2ケタ増。ともにコロナ禍が明け外出する機会が増えたためと推測される。なお喫食ルート別の割合は「総菜」44・9%、「手作り」40・9%、「冷凍食品」29・0%、「コンビニ」23・8%、「外食」20・2%、「鶏のから揚げ専門店」18・6%の順。

 都道府県別に「から揚げ」を1か月に食べる個数を調査したところ、1位「北海道」(60・6個)が2位「茨城県」(60・3個)を僅差で振り切り、3位には「東京都」(54・9個)が入った。4位「山形県」、5位「福島県」までは上位の常連組。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日