ニップン タイ法人に太陽光発電を導入 CO2排出量、年600t削減

ニップンタイランドはこのほど、プレミックス工場と冷凍生地工場に太陽光発電設備を導入した。

発電能力は760kWで、年間発電量は約1千MWhを想定。年間約600tのCO2排出量の削減を見込んでいる。ニップンでは、海外拠点に太陽光発電設備を導入するのは初めての試みとなる。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球