ごはんにかけて楽しむ「カルボシチュー」 ハウス食品

ハウス食品はルウシチューの展開を強化する。ごはんにかけて楽しむ新しいルウシチュー「カルボシチュー」を8月14日から発売した。「シチューオンライス」を刷新。常備食材(ベーコン、玉ねぎ、しめじ)を使い、フライパンで15分煮込むだけで作れるカルボナーラ仕立ての濃厚な味わいが特徴のシチューを提案する。145g、税別参考小売価格248円。「シチューミクス」シリーズもリニューアル。同日から順次切り替える。

同社は今回、シチューをごはんにかける割合が20~40代を中心として増加傾向にあることを受け、ごはんに合う濃厚な「かけシチュー」を提供するために開発に着手。クリーミーなのにごはんに合うカルボナーラ風味に着目し、「カルボシチュー」を開発した。

「カルボシチュー」は卵黄とチーズのコク深さに黒胡椒とガーリックの風味がアクセントとなった濃厚な味わいが特徴。ルウに卵黄パウダーと2種類のチーズ原料を使用し、濃厚な味わいを実現。あらびき黒胡椒と3種類のガーリック風味原料を使い、やみつき感を付与し、煮干しパウダーやチキンエキスなどを組み合わせてうまみを強化した。

「シチューミクス」シリーズについては、1袋入りから2袋の小分けにして使いやすさを向上。各アイテムの味覚特徴を強化し、より濃厚な味わいに改良した。また、パッケージデザインも変更。大箱タイプは天面に、小箱タイプは表面にアレンジレシピを掲載。シチューだけでなく様々なメニューに使えることを訴求する。

シチューの需要期に合わせて各種プロモーション施策を展開する。「北海道シチュー」と「シチューミクス」のTVCMも投下。「シチューミクス」ではアレンジレシピ「生クリームいらずの濃厚カルボナーラ」を紹介する。

「シチューわけかけプロモーション」や「シチュー・グラタンレシート応募キャンペーン」も実施。「カルボシチュー」ではアレンジメニューやリメイクレシピなどを順次公開する。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日